Main menu

デジタル刺繍ミシン × ものづくりコミュニティMake it Yourself(MiY)− 「未来のつくる人」をつくり、育てるプロジェクト −

デジタル刺繍ミシン × ものづくりコミュニティMake it Yourself(MiY)− 「未来のつくる人」をつくり、育てるプロジェクト −

デジタル刺繍ミシン × ものづくりコミュニティMake it Yourself(MiY)− 「未来のつくる人」をつくり、育てるプロジェクト −

モノづくりが個人に拡がる中で、個人の趣味が仕事へと展開できるような仕掛けとして、デジタル刺繍ミシンを拡げて行きたいー。

そんな、ブラザー工業が展開中の、プロフェッショナル向けデジタル刺繍ミシン「PR1000e」の製品への想いに共感し、ものづくりコミュニティ「Make it Yourself(=MiY)」とのコラボレーションが実現。その概要と成果をご紹介します。

*「MiY」は、デジタルものづくりカフェのFabCafeと、クリエイターコミュニティloftwork.comネットワークを活用して立ち上げた、ものづくり実験コミュニティです。

プロフェッショナル向け刺繍ミシン「PR1000e」とは

絵を描くように、刺繍ができる。デジタル刺繍ミシン

PR1000eは、10種類の糸を一度に刺繍できる画期的なマシン。JPEGやAIなどのデザインデータをもとに、まるで糸で絵を描くようにスムーズに刺繍できます。

プロジェクト概要

「未来のつくる人」をつくり、育てるプロジェクト

デジタル刺繍ミシンの普及により、新たな裁縫表現や価値が生まれ、仕事や人がつくられ、育っていく。そんな未来を実現するため、今回は「描く」ことが好きな人や仕事にしている人たちが、デジタル刺繍ミシンに出会い、モノづくりをするまでのタッチポイントを整理。5つの施策に落とし込み、実施しました。

施策1【ラボ設立】デジタル刺繍ミシンの新たな用途・アイデアをカタチにする

描くことや作ることに才気溢れた、気鋭クリエイター5名と「MiY Lab」グループを設立。MiY Labメンバーがデジタル刺繍ミシンの使い方を習得。クリエイターならではの発想で、新たな用途やアイデアをカタチに。デジタル刺繍ミシンが実現出来うる「可能性」を可視化しました。

施策2【イベントの企画・実施】「つくっている人」と「つくれるマシン」のマッチング

「MiY Meet up」と題したクリエイターミートアップイベントを開催。MiY Labメンバーが登壇し、Labで開発・制作した刺繍作品を披露。ものづくりに関心の高いクリエイターが制作作品や機械に触れることで、参加者の「つくりたい」欲求を喚起。イベントの模様はWeb上にアーカイブし、参加者以外にも認知が拡がる機会も用意しました。

Make it Yourself (MiY) Meetup

施策3【アワードの企画・実施】全国の潜在ユーザーと、デジタル刺繍ミシンを結ぶ

全国2万5000人が登録しているクリエイターのポートフォリオサイト、Loftwork.comで、デジタル刺繍ミシンを使ったデザイン(作品)を募集するアワードを開催。合計40作品以上もの刺繍デザインが集結。刺繍アーティストや編集者、Fabデザイナーと多彩な審査員の元、最終的に全10案を受賞作品として選出しました。

受賞した10作品はこちら!

施策4【受賞作品の制作・展示】アワード受賞作品の展示で、観る人の制作意欲を喚起する

プロジェクトで、生まれたアウトプットをFabCafeで一定期間展示。カフェに訪れる方々に、「自分も作ってみたい」「マシンがおもしろそう」と体感してもらえる空間を演出しました。

2016年6月 FAB & STITCHES 機械刺しゅうと15人のアイデア展 - Make it Yourself Exhibition

施策5【ワークショップ企画・実施】誰でもつくれる楽しみを体感できる場の提供

展示期間中に、クラフト初体験の方でも参加できる、ワークショップを開催し、幅広い人たちに「つくる」を楽しむ機会を提供しました。本ワークショップ実施を通じて、デジタル刺繍ミシンの敷居の低さを伝えていくだけでなく、想定以外のターゲットがどんな興味関心を持ってデジタル刺繍ミシンに出会うかを観察する貴重な機会となりました。

「レーザーカッターとデジタル刺繍でつくる小鳥のブローチ ワークショップ」

MiYが、本プロジェクトで実現したかったこと

大きく5つの施策を組み合わせ、企画・設計・実施して実現したかったのは「デジタル刺繍ミシンで新しい『つくる人』・『つくる仕事』を増やしていく」こと。デジタル刺繍ミシンを知ってもらい、デジタル刺繍ならではの表現領域の開発・検証を繰り返すことで、表現の可能性や価値を拡げられる未来を描きました。

*ものづくりコミュニティMiYのプロジェクトの拡がり

成果

1.プロジェクト後に拡がった、デジタル刺繍ミシンで「つくる人」

プロジェクトを通じて、デジタル刺繍ミシンの楽しさに気づいたクリエイターが、自主的にミシンを活用した活動を実施しています。

フォント「真四角」とのコラボでキャップに3D刺繍ワークショップ

デザインカンパニーのIDEASKETCHが開発中の漢字フォント「真四角」とのコラボワークショップで、PR1000eによる帽子への3D刺繍を実演。

刺繍アーティスト・二宮佐和子オリジナルグッズ制作協力

今回のデザインコンペ受賞者であるアーティストの二宮佐和子氏が、京都文化博物館内ギャラリーでグループ展「縫う人展」のためのオリジナルグッズとして、PR1000eで刺繍キャップを制作、販売した。

銀座三越のFabCafe出店で、クリエイターによる刺繍アイテム販売

銀座三越で開催された催事「デジタル世代におくる近未来の暮らしフェア」で、二宮佐和子氏、MiY Labと展覧会に参加したデザイナーの江村史子氏がPR1000eを使ったアイテムを制作し物販コーナーに参加。江村氏は今回のために、刺繍ブローチキットを開発した。

2.一連の企画・設計・実施を通じて、新たなインサイトや仮説を発見

ターゲットは、デジタル刺繍ミシンに関心があるのか。どんな期待を抱いているのか。これまで気がついていなかった、新たな可能性とは何か。得られたインサイトから整理。例えば、「描く」ことに関心のあるクリエイターを対象としていたが、実際にはアーティストやWeb/UIデザイナー、アクセサリーデザイナーなどの幅広いクリエイターに興味関心を抱いてもらえたことがわかるなど、今後の戦略立案に必要なヒントを多く発見しました。

ものづくりコミュニティ「MiY」とは

「つくる」がつながる、うごきだす。
クリエイターとクリエイターの出会いからはじまる、ものづくり実験プロジェクト

“Make it Yourself (MiY)” は、デジタルものづくりカフェ「FabCafe」とクリエイターコミュニティLoftwork.com による、クリエイターのためのものづくり実験プロジェクトシリーズです。

MiYは、リアルなイベントとオンラインのデザイン公募などを通じてクリエイター同士がリアルとWebを通じて出会い、化学反応しながら展開します。だれかの「つくること」への情熱が、ほかのだれかの「つくりたい」につながる。そんなハッピーなものづくりのスパイラルを生み出します。

第一弾:旅するレザースリッパ by KULUSKA
第二弾:Make it Wappen

私たちとコラボレーションしてみたい企業をお待ちしています!

私たちは今も、これからも多様なクリエイター、研究者、エンジニア、デザイナーと共に、新しい表現や価値創造に取り組んでいきます。
例えば、今回のものづくりコミュニティ「MiY」のようなプロジェクトに関心ある方、ぜひ私たちにご連絡ください。一緒にわくわくする未来を、だれよりも「つくること」への情熱に負けないメンバーとともに生み出して行きませんか。

制作チーム

このサービスに関するお問い合わせ

このプロジェクトのサービス