Main menu

大阪ガス株式会社  イノベーションに挑戦し続けるための未来創造プロジェクト「TORCH」

大阪ガス株式会社  イノベーションに挑戦し続けるための未来創造プロジェクト「TORCH」

イノベーションに挑戦し続けるための未来創造プロジェクト「TORCH」

大阪ガスとロフトワークは、大阪ガスの若手社員を中心に社内外を横断して、新規事業創出に取り組むことのできる新しいプラットフォームを企画開発しました。


  • クライアント
    ・大阪ガス株式会社
  • 支援内容
    ・新規事業開発プログラムのコンセプト策定
    ・プログラム企画設計
  • プロジェクト期間
    ・2017年7月〜10月
  • 体制
    ・プロデューサー 柳川雄飛
    ・プログラム設計・メンター 林千晶
    ・クリエイティブディレクター 多田麻央, 二本栁友彦

100年後の未来に、大阪ガスは社会へどんな価値を提供できるのか

エネルギー事業を中心に生活に欠かせない幅広い事業を展開する大阪ガスは、2016年6月からロフトワークと共に未来創造プロジェクト「TORCH(トーチ)」を始動。


もしこの世界からガスがなくなったら、大阪ガスは社会にどんな価値を提供できる?
大阪ガスの人々はそのとき会社で何をしている?


そんな問いかけから生まれたプロジェクト「TORCH」は、大阪ガスのどのような想いではじまり、どのようにしてロフトワークと作っていったのでしょうか。大阪ガス 情報通信部 ビジネスアナリシスセンター所長 河本薫さんと、ロフトワークのプロジェクトマネージャー 多田麻央がプロジェクトを振り返りました。


支援内容・ポイント

  • ビジョン・ミッションステートメント策定
    → 社内外のコラボレーションで社会に新たな価値を生み出すための土壌づくり
  • プログラム設計
    → 事業化までを視野にいれ2つのフェーズに分けたロードマップ
    → 「実験」で終わらないプロジェクト設計
  • ワークショップ・事業アイデアコンテスト実施
    → 日常に目を向け、何気ない気づきからアイデアを発想
    → 新規事業のシーズを生み出すために社内・外部の知見を有効活用

現場の声がひとつのきっかけに──ボトムアップでスタートしたプロジェクト

大阪ガス 情報通信部 ビジネスアナリシスセンター所長 河本薫氏

── 今回どんな課題があり新規事業創出のための新しいプロジェクトを立ち上げたのでしょうか?


河本(大阪ガス):近年多くの企業が取り組んでいる、自社内からイノベーションのタネを生み出し新規事業をつくる活動を見ていて、大阪ガスとしてもゼロから新しい価値を作ることにチャレンジしていかなければと個人的に感じてしました。

そんな折に、入社3年目くらいの若手社員たちからも「新規事業にもっとチャレンジしていきたい」といった声を聞くようになり、私のチームとして何か出来ることはないかと考えていました。

── 現場の声がひとつのきっかけとなってスタートしたプロジェクトだったんですね。


河本:特徴としてボトムアップでチャレンジを重ねていく会社なので、私自身が若手社員たちの意見を聞いたり、自分が感じている課題からまずは小さくプロジェクトを始めようと思ったんです。

そのはじめの一歩としてMTRL 京都を使って、ある事業部のメンバーと私のチーム十数名でアイディエーションのワークショップをロフトワークと一緒に開催しました。そのときの、外部の方々とコラボレーションして新しいアイデアを生み出す体験がとても良く、参加メンバーの意識が大きく変わったんです。その経験を踏まえて今回も、外部の方々と柔軟に連携し、かつ社内も部署横断で多彩なメンバーを集めて新規事業創出のプロジェクトをスタートさせたんです。


── 河本さんやビジネスアナリシスセンターのチームのみなさんに「TORCH」事務局としてプロジェクトを先導いただきましたが、普段はどのような業務を担当しているのでしょうか?


河本:私たちは普段データ分析の専門チームとして、データ分析とITソリューションによる業務改革を担当しています。ゼロから新規事業にチャレンジしたいという声に応えるために、今回のプロジェクトではProof of Concept(概念実証) の部分で自分たちチームは貢献できると考えました。

なので、我々チームが社内に働きかけて新規事業のシーズとなるアイデアを集め、集まったアイデアをより洗練させ、プロトタイピング、仮説検証、最終的には事業化することを目的にしたプロジェクトとしてロードマップを描きました。やはりゴールは、ビジネスとして成果を出すことです。その点はロフトワークと一緒に、フェーズごとに目的を明確にしながらプロセスを組み立てていきました。


プロジェクトの進め方

ビジョン・ミッションステートメント策定
── 社内外のコラボレーションで社会に新たな価値を生み出すための土壌づくり

プロジェクトのビジョンは次の100年を見据え大阪ガスが新しい価値を生み出すこと。そのためのミッションとして3つのステートメントを定めました。

1. 社内・社外での積極的なコラボレーションによって、新たな価値を生み出す
2. アイデアを育て、社会に新たなインパクトを与えるビジネスへと成長させる
3. ICTやデータサイエンスを使ったアイデアで、大阪ガスの未来をつくる

社員同士の横のつながりや外部との柔軟な連携に課題を感じていた大阪ガスは、今回の4ヶ月のプロジェクトをオープンイノベーションのための土壌づくりと位置づけ、全社的に若手社員の参加を募り、オープンなサービスデザインプログラムを作っていきました。11組織から25名の若手社員が参加しました。


プログラム設計
── 事業化までを視野にいれ2つのフェーズに分けたロードマップ/「実験」で終わらないプロジェクト設計


プロジェクトを2つのフェーズに分けて、最終的なゴールを事業部と連携したビジネス化に定めました。フェーズ1では、ビジネスアイデアのシーズをリサーチから探索して、事業アイデアのプランニングまでを実施する全5日間のワークショッププログラムを開発。



大阪ガスのアセットとテクノロジーを組み合わせたアイデア創出とビジネスプラン制作をゴールに座学と実践を組み合わせたプログラムを実施しました。


ワークショップ・事業アイデアコンテスト実施
── 新規事業のシーズを生み出すために社内・外部の知見を有効活用

全5日間のプログラムで重視したのは、大阪ガスのビジネスにおいて常識とされていた解釈や既存の枠組み、個々人の思考の制約をいかに解きほぐして、今までにない新しいアイデアの種をみつけるかということです。


大阪ガス行動観察研究所とのコラボレーション

大阪ガス行動観察研究所 所長 松波晴人氏(写真左)

そこで、大阪ガス行動観察研究所 所長の松波晴人氏を講師に招聘し、第1回〜3回のプログラムでは日常に目を向け小さな「気づき」からアイデアの種を見つけビジネスプランにつなげるためのリサーチとリフレームの発想法を学びました。


外部講師陣によるビジネス視点でのメンタリング

GOB Incubation Partners 山口高弘氏

プラネット・テーブル 菊池紳氏

ロフトワーク 林千晶

アイデアのをより具体的な事業プランにするために第4回・5回目プログラムではそれぞれ、プラネット・テーブル菊池紳氏、GOB Incubation Partners 山口高弘氏を招聘、ロフトワーク林千晶と共にビジネス視点でのアイデアブラッシュアップとメンタリングを実施しました。


100名を超える観客が集まった事業アイデアコンテスト

最終日には事業アイデアコンテストを開催。大阪ガス社内の誰もが聴講できるオープンイベントとして、7チームが作り上げた事業アイデアのプレゼンテーションを実施しました。コンテストはグループ会社も含めて、大阪ガス社員が100名を超え集まり立ち見が出るほどの大盛況イベントとなりました。

株式会社スマイルズ 遠山正道氏(写真左)

プラネット・テーブル株式会社 菊池紳氏(写真右)

審査員は社内と外部からそれぞれ参加。外部審査員にはスマイルズ遠山正道氏、プラネット・テーブル菊池紳氏、そしてロフトワーク林千晶が参加しました。三菱商事からの社内ベンチャーとしてSoup Stock Tokyoを立ち上げた遠山氏や、投資ファンドでビジネス支援をしていた菊池氏の知見から鋭いフィードバックと審査が行われました。

大阪ガス「TORCH」プロジェクトの今後


── プロジェクト最初のフェーズを終えて、河本さんの実感はいかがですか?


河本:実は、ロフトワークのみなさんにプロジェクト名「TORCH」やそのコンセプトを考えていただいた時、名称やコンセプトを作り込むことがそんなに大事だとは思っていなかったんです。

でも、今では社内で「TORCH」という言葉が行き交っていて、プログラムに参加してくれた社員はもちろん、コンテストを見に来てくれた他の社員もプロジェクトのコアとなるコンセプトをちゃんと理解してくれていると感じています。

私自身も、5日間のプログラムで実践した行動観察やリフレーミングの手法がとても勉強になりました。また外部講師の山口さんや、審査員の菊池さんのメンタリングやアドバイスが、アイデアを具体的にビジネスとして形にしてくプロセスと、その難しさを実感させてくれる貴重な機会になりました。

── 「TORCH」の今後の展望を教えてください。


河本:フェーズ1としてはプログラム最終回のコンテストが成功して社内からも好評をもらっています。プロジェクトの最終的なゴールは、大阪ガスとして新しい価値を社会に届けること。そしてビジネスとしてインパクトを生み出すことにあります。

今後は、すでに他の企業が取り組んでいるような、新規事業創出のあり方を参考にしながら、会社としてバックアップ出来るような体制に向けて少しずつ前進していきたいと思っています。


制作チーム

このサービスに関するお問い合わせ

Mao Tada

クリエイティブディレクター
多田 麻央

「TORCH」プロジェクトで実施した全5回のワークショップでは、一人ひとりの興味・関心事や想いを大切に温め育てることを重視して設計を進めました。グランプリを受賞したチームが、最初から最後まで自分たちの仮説をぶらさずに、どうすれば自分たちが提供したい価値を伝えられるのかを考え続けられたのも、プログラムを通じて育んだメンバーの想いや熱量が本物だったからだと思います。 「新規事業創出」ではなく「未来創出」と名付けた通り、本当にやりたいと思えることを見つけ、形にしていくなかで生まれる強いエネルギーを土台としながら、大阪ガスの新しい未来をつくっていくプログラムになるよう、次のフェーズも引き続き大阪ガスのみなさんと伴走していきたいと思います。