Main menu

三井不動産株式会社  KOIL Kashiwa-no-ha Open Innovation Lab プロジェクト

KOIL Kashiwa-no-ha Open Innovation Lab プロジェクト

空間、サービス、Webを統合的にプロデュースし、コミュニティを活性化するための“場”のあり方をデザイン
フィールドワークやユーザー調査をベースに、イノベーションを起こす空間に求められる機能を定義
アートディレクターから建築家、そして三井不動産のチームまでビジョンを共有しプロジェクトに参画

ただのベッドタウンにしたくない。オープンイノベーションをキーワードに街づくりがスタート

新たなイノベーション創造拠点として期待される日本最大級のコワーキングスペース「KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)」が、2014年4月、千葉県柏の葉に誕生。KOILは、起業家から生活者まで、職種や立場を超えた多様な人々の知識、技術、アイデアを組み合わせることで、革新的な新事業や製品・サービスを創造するための場です。

2005年に街づくりに着手して8年。完成までの道のりは、決して平たんではありませんでした。手元には、「オープンイノベーションの実現」というゴールを示すコンパスだけ。地図はありません。正解もない中で、コンセプトをどのようにしてカタチにしていったのか。三井不動産株式会社の松井健氏、弘瀬愛加氏と、ロフトワークの諏訪光洋、松井創、高井勇輝の5人が、関わったすべての人たちを代表し、柏の葉の未来を変える壮大なチャレンジを振り返りました。

松井(ロフトワーク):この街に新しいビルやオフィスを作るのではなく、産官学が連携して街づくりに取り組むことになった背景を教えてください。

松井(三井不動産):柏の葉は何もないまっさらな場所からスタートしました。当社所有のゴルフ場を閉鎖したあと、2005年8月につくばエクスプレスが開通。街づくりをスタートしたのはその頃です。「ただのベッドタウンにはしたくない」という思いから、千葉県や柏市など行政の担当者、この地にキャンパスを構える東大や千葉大などの大学関係者とディスカッションしたところ、彼らも同じ思いであることがわかりました。みなで意気投合し、新しい街づくりへの取り組みが本格化したというわけです。

三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業室長 松井 健氏

ロフトワーク 松井:オープンイノベーションというキーワードはどこから出てきたのでしょうか。

三井不動産 松井:2005年春に東大総長に就任(2009年3月退任)された小宮山宏氏から、「日本は課題先進国だが、その課題を世界に先んじて解決すれば課題解決先進国になる」というお話を伺ったのを機に、「課題先進国から課題解決先進国へ」が関係者の合言葉になり、この街をさまざまな課題を解決するための街にしようという意識が高まっていきました。幸い柏の葉の沿線には多くの研究所や大企業があるので、具体的な課題を解決していくにあたり、そういう方々と一緒にオープンイノベーションが起きるような街を作ろうと考えたのです。

Web制作への協力の打診を受けながら、空間とサービスとWebを三位一体で提案

ロフトワーク 松井:壮大なプロジェクトを一緒に動かすパートナーとして、ロフトワークを選んだ経緯と理由をお聞かせください。

三井不動産 松井:2012年春に、MITメディアラボ所長の伊藤穰一氏を訪ねたのがきっかけです。2009年に創業支援組織「TXアントレプレナーパートナーズ(略称TEP)」が出来て、技術を産業にしていく、イノベーションを生み出すためのヒントをいただくのが目的でした。イノベーションを生み出すこと、そしてこのプロジェクトに助けになると紹介いただいたのが、ロフトワークそして代表の林千晶さんでした。実際に林さんにお会いして、ひと目惚れです。世界を知っているし、未来を見ている。とても新鮮な印象を受けました。

弘瀬(三井不動産):ただ、林さんと初めてお会いしたときはKOILの具体的な話まではしていません。柏の葉の取り組みをご説明し、アジア・アントレプレナーシップ・アワードというビジネスコンテストの第1回を柏の葉でやるので、ぜひ来てほしいと依頼しました。

アジアアントレプレナーシップアワード2013でのアンカンファレンス

三井不動産 松井:ロフトワークはITに強いと認識していたので、その後当社から協力を打診し、そのカウンターオファーとしていただいたのが、空間も含め体験全体をプロデュースするという提案でした。正確には、インキュベーションオフィスを作りたいという我々の構想に対し、議論を重ねながらアイデアを熟成させていく期間があり、正式にご提案いただいたときには、システムやサービスまでを含めた空間設計のご提案になっていたという感じです。もちろん、最終的にロフトワークを選んだのは、さまざまな企業とお話する中で、一番魅力的な提案だったからです。

ロフトワーク プロデューサー 松井 創

ロフトワーク 松井:ロフトワークではOpenCUというクリエイティブと学びのコミュニティを2009年につくり現在は7,000人の学びネットワークになっています。2012年にはものづくりカフェであるFabCafeをオープンし台北,バルセロナに拡大している中でものづくりのコミュニティも急速に成長しています。FabCafeで感じたのが"場"があることでコミュニティがさらに活性化することです。"場"と"サービス"が連動し、そのツールとしてWebやスマートフォンがある。コミュニティをつくるにはWebだけでは不十分で体験全体をデザインする必要があり、空間とサービスとWeb、トータルにプロデュースするほうがもっといい成果を生み出せると考えたのです。

諏訪(ロフトワーク):空間とイノべーションの関係、あるいは空間とWebなどのデジタルが生むサービスの融合、これらに注目が集まっているのは世界的にも最近のトレンドです。正解を記したドキュメントや論文も不足しています。人と人がどのように関わるとイノベーションにどう作用するのか、新しいアイデアや人との関係性を生み出すにはどんな空間がよいのかといったアプローチは建築からのアプローチだけではなくよりサービスデザインの視点、イノベーションを生むデザイン思考(Design Thinking)の観点がよりよい体験を生むはずです。イノベーションを生むファンクションとして空間を考える。そこで生み出される対話、自然と生まれるべきワークショップやプレゼンテーション、インフォーマルなコミュニケーションがどうやって生まれるのかを考えることに企業のイノベーションパートナーであり体験をデザインするロフトワークとして取り組みたいと考えました。

イノベーションを起こす空間とは?さまざまな対話を通じて、空間設計に求められる要件を整理

都内で開催されたイベントでワークショップも実施

ロフトワーク 松井:都内で開かれたイベントの中で、柏の葉に求められるイノベーションスペースをテーマに、2回ほどワークショップを実施する機会もありましたね。

弘瀬:どうしたら柏の葉に来てもらえるのか、どんな街だったら働きたいと思えるのか、それこそ柏の葉を知らない人たちから、ハードウェア的な制約に捉われずに自由にアイデアを出していただき、当社もまっさらな状態から考えることができました。こういうところから斬新さや可能性の広がりが生まれるんだなと、とても新鮮でしたし、そこで出た意見をコンセプトに落とし込み、その後カタチにしていくロフトワークのスピードとパワーには圧倒されました。

ロフトワーク 松井:ありがとうございます。時間をかけて積み重ねてきた関係者との対話やワークショップの議論から見えてきたのは、イノベーションを起こす空間に求められる5つのキーワード「Serendipity」「Diversity」「Flexible」「Prototyping」「Open」です。さらにここから、空間設計で満たすべき11の要素を導き出していきました。狙いは、人々が有機的に交わり、オープンな発想を生み、アイデアを素早くカタチに変えることができる場です。

5つのキーワードと導き出された11の要素

三井不動産 松井:設計においては、地元の人との関わりも重視しました。地元の人がいる、地元の人たちの顔が見えるのが郊外のいいところ。都心ではなく郊外にある意味、郊外であるからこそのメリットをロフトワークと一緒に考えました。

諏訪:イノベーションセンターは日本でもほとんど事例がありません。今回のプロジェクト自体で「イノベーションを生む」体験をメンバーで共有するプロジェクトでした。大阪・京都と参考となる空間を三井不動産のメンバー、建築家も含め一緒に感じる合宿がその後プロジェクトでのクオリティに繋がっています。

プロジェクトメンバーで大阪に。イノベーションスペースなどを見学

5つのキーワードは関係者全員が方向性を見失わないようにするプロジェクトの"指針"です。空間がつくられていく中で、アグレッシブにオープンな空間やサービスを提案したつもりが、逆に「もっとオープンに!」と何度も発破をかけられました(笑)。メンバーでの方向性にブレが生まれなかったことがKOILの最終的なクオリティに繋がっていると思います。

三井不動産株式会社とのパートナーシップ

&