Main menu

株式会社日本放送出版協会 NHKテレビテキスト「すてきにハンドメイド」「きれいの魔法」サイト CMS構築

・2つの新創刊雑誌の関連情報サイトを3か月で構築し同時公開へ、CMSの実績数と過去のプロジェクトで信頼し、ロフトワークを選択
・将来を見据え、新たな雑誌サイトを容易に追加できる構造を実現
・購読につなげるための工夫も、従来の雑誌サイトにはなかった「試し読み」機能提案することで雑誌の認知度も向上

2つの新創刊雑誌のWebサイトを同時に開設へ、CMSの豊富な実績を評価し迷わずロフトワークを選択

日本放送協会(NHK)の番組に関連する書籍や雑誌を制作・販売する株式会社日本放送出版協会(NHK出版)は3月下旬、新創刊した雑誌「きれいの魔法」と「すてきにハンドメイド」の専用サイトを同時開設しました。

新創刊した「きれいの魔法」と「すてきにハンドメイド」

開発を担当したロフトワークは、CMS「WebRelease2」を用いて約3か月という短期間で構築。

専門知識がなくても容易にサイトを更新できる仕組みを実現しました。今回のプロジェクトで開発のディレクションを担当した開発部の久保田大海氏と、実際に制作を担当したロフトワークの寺井翔茉の対談でプロジェクトを振り返ります。

——今回新たに開設したWebサイトの概要をまずは教えて下さい。

株式会社日本放送出版協会
久保田 大海氏

久保田(NHK出版):NHK出版では、2010年3月20日に2つの月刊雑誌を新創刊しました。「すてきにハンドメイド」と「きれいの魔法」の2誌で、2010年3月まで発行していた「おしゃれ工房」という雑誌の後継として創刊されました。「すてきにハンドメイド」は、手芸に関連するコンテンツを扱った雑誌で、一方「きれいの魔法」は、メイクや美容情報などを発信しています。

新たな雑誌の発行に合わせてWebサイトを用意して、読者の皆さまに対して適切に情報発信をすることができれば、満足度も高まり、雑誌を購入して頂けると考え、創刊とともに各Webサイトを開設することを決めました。

——開設するにあたり、Web制作会社にロフトワークを選んだのは何がポイントになったのでしょうか?

久保田:今回のWebサイトはCMSを活用することが前提でした。CMSは多くのWeb制作会社が手がけていますが、ロフトワークはそのなかでも多くの実績があります。それが一番の決め手でした。以前、楽曲情報提供サイトとBtoB系サイトの構築を依頼したことがあり信頼もしていました。ですから、今回も迷わずロフトワークを選びました。

外注費用削減とスピーディな情報発信を実現するため、社内スタッフでの更新を選択、誰でも容易に更新できるサイトを追求

——Webサイトを制作するあたり、最も実現したかった点はどこだったのでしょうか?

久保田:Webに対する専門技術・知識がなくても、容易に更新できる仕組みですね。以前、運営していたWebサイトの更新は外部の制作会社に任せていたために、月額十数万円の費用がかかっていたんですね。できれば、その外注費用を削減したいと思っておりました。そのために、自社のスタッフでも更新作業が容易に手がけられるような仕組みを求めました。

——その要望を踏まえて、ロフトワークがこだわったポイントは?

クリエイティブディレクター
寺井翔茉

寺井(ロフトワーク):更新作業を容易に行えるように、CMSには使いやすさで評価が高い「WebRelease2」を採用しました。

テンプレートの開発においては、毎年多くの新しい雑誌が創刊されているというお話を伺っていましたので、今回の2誌だけでなく、今後新たに創刊される雑誌が登場した際に、大規模な改修を必要としない構造を設計し、加えて複数の雑誌サイトのコントロールを1つのシステムで行えるための仕組みも整備しました。

雑誌の魅力を伝える「試し読み」機能

また、それ以外に私がこだわったのが、「試し読み」機能です。Webサイトの目的としてはやはり、雑誌の魅力を分かりやすく伝えて楽しんで頂き、そのうえで雑誌の購読につなげることだと思っていました。

ですから、Webサイトで発信している情報だけでなく、雑誌で掲載したコンテンツに、Webサイトでも触れて欲しいと考えました。すべてをお見せすることは当然できませんから、一部のコンテンツを電子ブック風にみせる「試し読み」の機能を提案させて頂きました。

——デザインについてはいかがでしょうか?

寺井:今回の2サイトでは同じデザインテンプレートを活用していますが、それでもそれぞれの雑誌サイトは違うわけですから、各サイトのコンテンツに合わせたテイストを出せるように工夫しました。大きいメイン画像を前面に押し出し、全体の色調で変化を加えることで、同じデザインテンプレートでも違う印象を与えることができたと思います。

3か月弱の制作期間ながら、予定通りにサイトを開設。分かりやすいデザインに早くも高い評価

——制作期間は3か月弱で、2サイトを同時に開設——。通常よりも短期間でのプロジェクトでしたが、納期を間に合わせるためにはどのような工夫を施したのですか?

寺井:1サイトの構造やテイストを固めてまずは1サイトの制作を完了させ、その後にもう1つのサイトを作る形でスケジュールを組みました。あらかじめ複数のサイトに展開することを考えていましたので、仕様設計は通常よりも入念に行いました。

——無事に公開後、約4か月が経過しましたが、読者の反応や社内の評価はいかがですか?

久保田:各雑誌の編集部からは、デザインがシンプルで非常に読みやすくなったという評価をもらっています。また、読者からは、読者が情報を投稿しサイトに掲載するコーナーがあるのですが、こちらの想定以上にサイトをご覧頂いています。

——今後はどのようなことにチャレンジしていこうとお考えですか?

久保田:更新作業は今、私が所属するWeb関連の開発部という部門が手がけているのですが、今後はせっかく分かりやすい更新の仕組みを構築したので、各雑誌の編集部のスタッフも更新に加われる体制を築けていければと思っています。

また、Webサイト自体を盛り上げることも必要ですが、雑誌の購読に結び付けることがそもそもの目的でもありますので、雑誌の購入してもらえるようなコンテンツ作りや仕組みづくりを手がけていきたいですね。

寺井:ロフトワークもまだまだ協力できる部分がたくさんあると思いますので、引き続きさまざまな提案をさせて頂ければと思っています。

——本日はありがとうございました。今後の成果や新たなプロジェクトについてもまた聞かせてください。

内容やお客様情報、担当ディレクター情報は本記事公開時点のものです。現在は異なる可能性があります。

お客様の声

久保田 大海様

株式会社 日本放送出版協会開発部
久保田 大海様

ロフトワークとは、今回のプロジェクト前に複数の案件をお願いしていますので、最初から信頼していました。豊富なCMSの実績と、優れたプロジェクト管理能力は、他のWeb制作会社にはないロフトワークの魅力だと思います。

制作チーム

このサービスに関するお問い合わせ

shoma_terai

京都ブランチ事業責任者
寺井 翔茉

今回の2サイトでは同じデザインテンプレートを活用していますが、それでもそれぞれの雑誌サイトは違うわけですから、各サイトのコンテンツに合わせたテイストを出せるように工夫しました。大きいメイン画像を前面に押し出し、全体の色調で変化を加えることで、同じデザインテンプレートでも違う印象を与えることができたと思います。

このプロジェクトのサービス

株式会社 日本放送出版協会とのパートナーシップ

&