Main menu

慶應義塾大学 塾生ホームページCMS構築

多言語サイトの構築実績を評価しロフトワークを選択。初の依頼にも関わらず即時に決断
国際化を目指し、日英両言語での統一したデザインを実現
学内他サイトとの連携を重要視、必要な情報に辿りつきやすく更新しやすいサイト構造を追求

約3万人に向けた塾生向けホームページを全面リニューアル、
容易な更新と国際化を目指した日英両言語対応を要望

創立後152年という長い歴史を持ち、その間に政界・財界問わず多くの有力者を輩出し続けている慶應義塾大学。文系、理系あわせて10学部、6のキャンパスで約3万人の塾生が学んでいます。日本屈指の有力大学は、各学部やキャンパス別などの区分で、複数のWebサイトを構築・運用していますが、そのなかで2010年10月に塾生向けWebサイトを刷新しました。

リニューアルの主な目的は、容易にコンテンツを更新できる仕組みと、日本語に加えて英語での表示に対応することでした。これまでの更新作業は、学生部のスタッフが他業務と兼務していた状況で、更新にかける手間を極力軽減させる必要がありました。「刷新前のWebサイトの管理ツールは、非常に操作しにくく、かなりの負担でした」と慶應義塾大学の担当者は語っています。

もう一点重要になったのが、外国語対応です。慶應義塾大学内でも国際化は進み、今では日本人以外の学生も多数学んでいます。そのなかで、他国の学生にも良質な情報を頻繁に提供する責任があると考え、まずは英語での表記が必要でした。将来的には、英語だけでなく、それ以外の言語を複数サポートする仕組みも慶應義塾大学は望んでいました。

姉妹サイトとのコンテンツ連動も意識した構造設計、日英両サイトを手間なく更新する仕組みも

CMSを活用した容易な更新の仕組みと、多言語対応——。それに応えられる制作会社をWebサイトなどを通じて調査したなかで、担当者はロフトワークを知ります。これまでロフトワークに依頼したことはなかったものの、1か月も満たない期間で、検討した複数の制作会社のなかからロフトワークを選びました。「当大学が目指していた多言語サイトを制作していましたし、また過去の実績のなかで好感を持てるサイトを複数構築していたのも、ロフトワークに決めた理由でした」(担当者)。

2009年10月下旬にプロジェクトが本格的にスタートし、約2か月間で要件定義と仕様を策定。

容易な更新作業には必須と言えるCMSには、すでに慶應義塾大学がライセンスを保有していた、「WebRelease2」を活用。「慶應義塾大学のサイトにマッチしていましたし、プロジェクト全体の開発費用を抑える意味でも『WebRelease2』は最適な選択でした。」(担当ディレクター:寺井翔茉)

また、今回のプロジェクトでは、Webサイトの構造設計を重要視しました。「塾生向けホームページだけでもコンテンツは豊富ですが、キャンパスごとや学部ごと、慶應義塾大学の基幹サイトなど他のサイトの情報を移植して表示しているコンテンツも多数ありました。それらを改めて一から整理して、どのサイトからの情報をどの場所に掲載するかを考え、1つのコンテンツを更新すれば、そのほかのサイトは自動で更新できるような仕組みも整えました」(寺井)。また、更新作業に手間がかかる画像は、極力使わない点もロフトワークが施した工夫でした。

そして、もう1つのポイントが日本語と英語を効率良く更新する仕組みです。ロフトワークは、これまでに日本語と英語の両言語をサポートする大規模サイトを構築した実績があり、更新する方法として複数プランをすでに考案していました。

日本語を更新してから、そのコンテンツをコピーして英語に変換する方法、日本語と英語を同時に更新する方法などがあり、それらのなかから慶應義塾大学に最適な方法を選んでもらう形を提案。

選んだ更新方法を最終決定する前に、一度試験的に利用してもらい、本当に最適なプランかを検証する工程を取り入れたことも、過去に様々な多言語サイトの構築を経験したからこそ、考えついた工夫です。「選んでもらった更新方法は慶應義塾大学には少し合わないかなという予感があったので、テスト導入してもらいました。結果的に更新のしやすいプランを再選定してもらいました」(寺井)。

デザインも日本語と英語での表記を予め意識、更新してもレイアウトが崩れないことを高く評価

サイトのデザインでは、塾生サイト独自のデザインにするか、それとも基幹サイトなど他サイトとトーンを合わせるかを最初に決め、統一性があるデザインを選定。そのことで、デザインの最終決定に対する時間と手間を軽減させています。また、日本語と英語では、同じ意味を持つ言葉でも、文字数が変わってくる点を考慮し、「日本語と英語のどちらで掲載しても、デザインが崩れないようにレイアウトやフォント選びに細心の注意を払いました」(寺井)。

これらの工程を経て、公開された慶應義塾大学 塾生ホームページ。担当者はリニューアル後の成果についてこう答えています。「更新することでページレイアウトの崩れや、リンク切れが発生することが過去にはありましたが、それが一切なくなり、更新作業も非常に効率化できています」。

リニューアル後のWebサイトは、キャンパスサイトや学部サイトを担当しているスタッフにも好評です。「他サイトでもいくつか手伝って欲しいという声も頂いています。」(担当プロデューサー藤原正平)今回のWebサイト制作を機に、慶應義塾大学とロフトワークの連携が強まりそうです。

内容やお客様情報、担当ディレクター情報は本記事公開時点のものです。現在は異なる可能性があります。

お客様の声

ご担当者様

慶應義塾大学
ご担当者様

こちらの要望にそのまま対応するのではなく、全体の仕様や方向性を踏まえたうえで、プロの視点で意見してくれ、敢えて対応すべきことではない点を指摘、提案してくれたことに、大変魅力を感じました。

制作チーム

このサービスに関するお問い合わせ

shoma_terai

京都ブランチ事業責任者
寺井 翔茉

立命館大学卒業後、新卒でロフトワークに入社。2年目よりクリエイティブディレクターに昇格し、大手コミュニティサイトのアバターパーツやアイテム制作、大学サイトのCMS導入などモバイルコンテンツの企画・制作から大規模なサイト構築まで幅広い案件を担当。

このプロジェクトのサービス