Main menu

宝塚歌劇 Webサイトリニューアル

宝塚歌劇 Webサイトリニューアル

宝塚歌劇 Webサイトリニューアル

わかりやすく、使いやすい。「伝わるサイト」を目指したWebリニューアル。体験したい人には素早く、深く楽しみたい人にはじっくりと。宝塚歌劇の世界観に没頭できる公式サイトを目指して

プロジェクト概要

  • 背景と目的
    ・多様化する閲覧環境を踏まえたマルチデバイス対応
    ・宝塚歌劇に興味をもった人が目的のページへ到達しやすいサイト流入設計
    ・宝塚歌劇の魅力を伝えるサイトデザイン
    ・情報の検索性を改善するための、サイト構造・UIの見直し
  • 支援内容
    ・ユーザインタビュー・ヒューリスティック調査 ・Webリニューアルコンセプト策定
    ・情報設計・デザイン、コーディング
    ・CMS仕様策定
  • アプローチ
    ・ファンにインタビューし流入経路を調査、SEOの最新潮流に沿ったメタタグの整理を提案
    ・公演の最新情報やチケットなど、欲しい情報にすぐアクセスできる情報設計
    ・「本物を見たい!」と思える舞台やスターの写真を全面に出し、魅力を訴求
    ・ユーザの閲覧環境に合わせたデザインの最適化
    ・高頻度で多岐にわたる運用フローを踏まえたCMS仕様の策定
    ・アイテック阪急阪神とフォースと協働して円滑にプロジェクトを進行
  • プロジェクト期間
    ・2014年6月〜2015年3月
  • 使用CMS
    ・WebRelease2
  • プロジェクトチーム
    ・阪急電鉄株式会社
    ・アイテック阪急阪神株式会社
    ・合同会社フォース
    ・株式会社ロフトワーク

関連サービス

制作物

完成した宝塚歌劇のWebサイト
http://kageki.hankyu.co.jp/

制作チーム

このサービスに関するお問い合わせ

Shinya Kunihiro

クリエイティブディレクター
国広 信哉

ファンでなくても「公演を見てみたい!」と思えるように舞台やスターの写真を前面に出しています。フッターには遊び心として毎回画像が変化する仕掛けを入れました。極力シンプルなレイアウトで宝塚の世界観に没入できる設計を目指しました。

Ryohei Sekii

テクニカルディレクター
関井 遼平

PCとスマートフォンで利用シーンが異なることから別々の形でページを生成するなど、CMSの機能特性を活かし、サイト運用面も考慮した設計を目指しました。

このプロジェクトのサービス