Main menu

株式会社 加賀屋 外国人旅行者向け多言語Webサイト制作

外国人旅行者向け多言語Webサイト制作

株式会社 加賀屋 外国人旅行者向け多言語Webサイト制作

100余年の歴史を持つ「和倉温泉 加賀屋」。
海外メンバーを含めたチームによって、 海外や感覚を重視したWebサイトを構築。

プロジェクト概要

  • 目的
    ・海外の視点を取り入れ、ターゲット(海外からの個人旅行客)に伝わるWebサイトへ
    ・繁体中国語、簡体中国語ページの文言や表現についてはネイティブの意見を採用し、伝わる表現に
    ・情報を絞り込み、日本的・情緒的な価値を伝えることを優先したUIに
  • 支援内容
    ・多言語・グローバルサイト構築
    ・Webリニューアルコンセプト策定
    ・情報設計・デザイン
  • アプローチ
    ・台湾を含め国内外の複数拠点でチームを結成
    ・海外の潜在顧客に訴求するため、全チームが現地での合宿とヒアリングを実施。調査内容をデザインコンセプトに昇華
    ・ヒアリング結果から、能登の自然や観光情報の紹介をメインとしたサイト構造を策定
    ・海外ユーザーを迷わせない、1ページで完結させるスクロール型のデザイン
    ・スマートフォンでも美しいビジュアルを楽しめる、ユーザの閲覧環境に合わせたデザインの最適化
  • プロジェクト期間
    ・2014年10月〜2015年3月

プロジェクトのプロセスと成果物

台湾チーム(Tim, Judy, デザイナーのMarc)・日本チーム(東京の寺井、京都の入谷、地元金沢のデザイナー2人)が加賀屋現地に集まって「合宿」を行い、空間やサービスを肌で感じながら、その場で設計を実施。

完成した「和倉温泉 加賀屋」のWebサイト
http://intl.kagaya.jp/(日本語)
http://intl.kagaya.jp/tw/(繁体語)
http://intl.kagaya.jp/cn/(簡体語)

制作チーム

このサービスに関するお問い合わせ

Satoshi Iritani

クリエイティブディレクター / ファシリテーションエヴァンジェリスト
入谷 聡

今回のプロジェクトで最も重視したのは、台湾チーム(Tim, Judy, デザイナーのMarc)・日本チーム(東京の寺井、京都の入谷、地元金沢のデザイナー2人)が加賀屋現地に集まって「合宿」を行い、空間やサービスを肌で感じながら、その場で設計をするという時間をもつことでした。客室の窓に大きく模造紙を貼り出して、日・英・中の3言語が飛び交う議論は、深夜まで…。狭い「日本人的な感覚」を離れ、外国人旅行者の目線に近い制作ができたと思います。

Tim Wong

FabCafe Taipei / Loftwork Taiwan co-founder
Tim Wong

加賀屋プロジェクトは、Webサイトを通じてアジアの潜在顧客に向けて、日本伝統文化の奥深さを伝えるという、とても興味深いプロジェクトでした。日本の顧客にとっては、加賀屋は日本一の温泉旅館として知られていますが、一方、台湾や多くのアジアの顧客には、台北の北投区にある旅館のブランドとして知られています。 現地のでフィールドリサーチでは、台湾、香港、タイ、シンガポールからの顧客にインタビューしましたが、彼らが日本の旅行客とは全く違う認識と期待を持って七尾市にある加賀屋を訪れていることがわかりました。 一例として、アジアからきた彼らの多くは、加賀屋でリラックスする経験と合わせて、周囲のエリアのローカルな文化やお祭りも同時に楽しみたいと思っていたのです。 そこで新しいグローバルウェブサイトでは、伝統的なおもてなし、温泉、石川県の伝統料理、四季と祭り、などすべてをこの街全体で得られる”経験”として表現しています。 七尾の街全体を楽しみたいと思う海外の若い世代にとっても加賀屋のWebサイトは魅力的なハブになるでしょう。

このプロジェクトのサービス

株式会社加賀屋とのパートナーシップ

&