Main menu

特定非営利活動法人国際連合世界食糧計画WFP協会 世界の食糧問題を自分事に。共感してシェアを促進するキャンペーンサイト制作

特定非営利活動法人国際連合世界食糧計画WFP協会 キャンペーンサイト制作

特定非営利活動法人国際連合世界食糧計画WFP協会 キャンペーンサイト制作

世界の食糧問題を自分事に。共感してシェアを促進するキャンペーンサイト制作

プロジェクト概要

  • 目的・背景
    ・世界食料デー(10月16日)に合わせて、国連WFPが行う「学校給食プログラム」の認知を拡大したい
    ・これまで関心の低かったターゲットにも世界の状況を伝え、寄付を募りたい
  • 支援内容
    ・キャンペーンサイトの企画立案
    ・デザイン制作、イラスト、アニメーション制作
    ・コーディング、Javascript実装
  • アプローチ
    ・目的の共感、活動の成果、団体の透明性を軸とした企画提案
    ・新たなターゲットにも寄付を自分事にしてもらうための表現を追求
    ・ソーシャル・ネットワークでの拡散を想定した企画と実装
  • プロジェクト期間
    ・2015年7月〜9月

制作物

届けよう!未来を育む給食〜1万人に1年間、学ぶ喜びを〜|世界食料デーキャンペーン2015

http://www.jawfp.org/worldfoodday2015/

制作チーム

このサービスに関するお問い合わせ

kazuhiko_asami

プロデューサー
浅見 和彦

ゴールである、「寄付」を身近なものとして認識してもらい、そこから活動を広く認知・拡散させるために、企画立案時には、社内のメンバーと複数回にわたってブレストを行い「今日のランチ代」というキーワードにたどり着きました。

Yukie Yamaya

クリエイティブディレクター
山谷 幸恵

閲覧者の興味を刺激し、寄付へのハードルを下げるために、いわゆる、文字や画像で内容を魅せるだけではなく、アクションをしてもらう必要があると考えました。そこで、寄付とは一見関係なさそうな「今日のランチ代はいくらか?」という設問を設定し、回答することで、それが何人分の給食になるのかを知るというストーリーにしています。結果に応じた画像を一緒にシェアできるようにしたことも工夫点です。

ryo_kanazashi

クリエイティブディレクター
金指 了

全体を通してターゲットとなるユーザの気持ちを常に意識して作りました。活動の透明性をわかりやすく伝えるために、動画によるアニメーションや寄付金額の数値が変化していく仕掛けを用意しました。また、寄付を強いるような表現にならないように、寄付ボタンの設置箇所や登場頻度も意識しました。