Main menu

Column コラム

ファン多し、誰もが頼れる姉御シニアディレクター:渡邉 多恵子

Taeko Watanabe

クリエイティブディレクター
渡邉 多恵子

パブリックリレーションズ
石川 真弓

ファン多し、誰もが頼れる姉御シニアディレクター:渡邉 多恵子

ロフトワークディレクター分解シリーズ Vol.6

ロフトワークのディレクターを一人ひとり紹介するコーナー、ディレクター分解シリーズ。

今回は入社12年(ちなみにロフトワークは創業14年)の最古参のシニアディレクター渡邉多恵子が登場。ロフトワークで一番頼れる姉御肌のディレクターは社内外からの信頼も非常に厚く、歯に衣着せない本音で語る性格に、ファンも多いとの噂。

(聞き手:PR石川)

ー2002年に入社してから今まで、渡邉さんとロフトワークはどのように成長してきたのですか?

もう長過ぎて記憶があやふやです。
12年前はWebの制作会社と聞いて入社したはずなんですけどね。

当時は5人しかいなくてアパートの一室で、フリーランスの寄せ集めみたいな集団がウェブサイト制作の受託を行っていて、当時は私自身も手を動かしてデザインやコーディングをしていました。美術館の数10ページのサイトを作ったり、キャンペーンサイトを作ったり、今では絶滅したFLASHサイトを作ったり。

一方でロフトワークは当時からミッションとして「クリエイティブの流通」を目指していました。

ロフトワークドットコムも運営していて、あの頃からクリエイターとビジネスのマッチング、つまりクリエイターネットワークを活かしてビジネスをしていきたいというロフトワークの根幹は、今もずっと変わってないですね。
あの頃は中々苦労してましたけどね。あ、今も苦労しているか。

細々とウェブの制作をしていましたが、次第に大きい仕事も受託するようになったのは、2003年頃にCMSを扱うようになってからですかね。ずいぶん昔の話ですが、ソフトバンク・パブリッシングの「ブロ番ガイド」というサイトに初めてWebRelease2を入れました。
サイトの更新性を確保するために(代表取締役社長の)諏訪がCMSを入れると言い出しました。
あの頃はJoi(現在MITメディアラボ所長の伊藤穰一氏、当時はITに造詣の深い投資家・起業家として活躍、ロフトワークの株主でもあります)が「ブログが来る!」と言っていて、私はブログと掲示板と何が違うのとか思ってたんだけど…、本当に来ちゃったよね、ブログが。

まあ、その頃からCMSにも強い会社としてお仕事をいただくようになりました。

そうそう、あの頃面白かったのが、今もロフトワークで使われる基幹業務システム、通称「Fra-me」を諏訪さんが2ヶ月こもって作り上げたことですね。
当時の諏訪が「いいから2ヶ月僕に時間をくれ。その間何も仕事をふるな」と。
プロジェクトの予算管理やクライアント情報などを一元管理していて、今も現役バリバリでロフトワークには無くてはならないこの基幹業務システムは、当時社長がFile Makerを使って1人で作り上げたものなんですよ。

諏訪さんがこもって2ヶ月、このFra-meを初めて見せられて「本当にシステムできてるよ(笑)」って林千晶と大爆笑した覚えがあります。

そして2004年から2005年あたり、当時入社したのは山口君長者原君あたりかな。 ロフトワークドットコムのクリエイターネットワークを活かした仕事、当時は絵文字やデコメ、年賀状テンプレート(今も毎年制作している)などのコンテンツ制作の仕事も次第に増えていきました。

そして仕事も増え、社内だけで制作するようなことはなくなり、プロジェクトによって適切なメンバーをアサインできるような体制作りが重要になっていきました。
そこでプロジェクトマネジメントを体系的に学んで、プロジェクトに活かす必要があるということで、世界的なプロジェクトマネジメントのフレームワークに準拠した社内システムが生まれました。
当時は社内でプロジェクトマネジメントの勉強会を毎朝やっていましたね。
「新しい形の総合制作代理店ロフトワーク」として、「適切な価格で適切なクリエイティブが提供」できるようにすべきだと。
一方でこの頃から大規模なCMSの導入プロジェクトやこれもまた大規模な自治体のサイトも制作するようになっていきました。

そしてマーケティングDiv.ができ、システムDiv.ができ、CMSのビジネスセミナーもやるようになって、CMSのマルチベンダーの制作代理店というイメージが定着していきました。

「CMS」「プロジェクトマネジメント」「クリエイターネットワーク」、今もロフトワークの要となるこれらのキーワードはこの時代に確立された感じですかね。

そして気づいたら2010年、学びのプラットフォームであるOpenCUができたのもびっくりしましたが、社長が急にデジタルものづくりカフェをつくると言い出して、そしたら本当に2012年3月にFabCafeができちゃって、もう何が起きても驚かなくなりました(笑)。
千晶さんがMITメディアラボの所長補佐になり、グローバルなネットワークも拡がり、ロフトワークのメンバーも今や80人、ここ数年でどんどん会社の雰囲気や仕事の内容が変わってきていますね。

ーどのような案件が得意ですか?今までどのような案件に携わってきましたか?

関わってきた案件の数は多すぎてひとつひとつ挙げられませんが。

大規模なウェブサイトリニューアルとCMS導入、スクラッチのシステム開発、コンテンツ移行など、実施する事が明確で、どちらかというと安全確実、一定品質、最大公約数の関係者が納得できる妥協点を探って実行していく必要のあるプロジェクトが得意です。

ごまかさず事実を伝え、落とし所を見つけていくこと。
言われたことはやる、やると言ったことは必ずやり遂げる。これが私のポリシーですね。

私が今まで担当したプロジェクトにおいては、お客さんと別れたことはありません。
何があっても受注したものは最後まで納品します。

ー社外ではどのような活動をおこなっていますか?

いわゆる「コミケ」に出展するような同人誌漫画を描いています。
ロフトワーク入社と同時に活動を開始して、そして今回制作を優先することにしました。自分でもどうかしてると思う。
ロフトワークでも学んだプロジェクトマネジメントを活かして、半年先まで細かく原稿の予定を入れて、自分で自分をPMしてコンスタントに原稿を描きつづています。
これまでずっと進み続けること、出しきることにプライオリティをおいていて、忙し過ぎてずっとインプットが出来ないまま12年間突っ走ってきました。
ここでいったんお休みをして、原稿に集中して、思い切り好きなことやりきって、そしてロフトワークに戻ってきたいと思います。

生態調査アンケート


  • これから伸ばしていきたいスキルはなんですか?
    未定。とりあえず漫画一段落してから、休職復帰後1年間これまで12年間でやれなかった事をやってみようと思っています。PMP(プロジェクトマネジメントの資格)をとるとか、英語とか、そのあたりの勉強はしてみたいかな。
  • 利用しているPCは何ですか?
    iMac、Macbook Air。
  • メインブラウザは何ですか?
    あまりメイン決めてないけど、制作時はFirefox。
  • お気に入りのショートカットキーを教えて下さい!
    ⌘+Z、5秒に1回の⌘+S
  • 通勤時間は?
    1時間。本日はギックリ腰につき1.5時間。
  • スマートフォン、タブレット、ケータイは何を使っていますか?
    iPhone 5
  • 結婚していますか?彼氏・彼女はいますか?
    二次元と結婚しろとか言われています。
  • ー仕事をしていて、一番楽しい時は何ですか?
    リリーススケジュールを引いている時。
    請求書を発行する時。
  • 仕事のハック術、あれば教えて下さい!
    遊びとか睡眠とかプライベートの時間を絶対削らない気合い。
  • 自分の武器は何だと思いますか?
    白か黒かグレーか決めてさっさと実行する事。
  • クライアントやクリエイターから言われて嬉しかったことは?
    納品後1年とか3年たって、うまく運用できて、改修を発注してくれる時。

ロフトワークディレクター 分解シリーズ

ロフトワークディレクター分解シリーズ Vol.1

ロフトワークディレクター分解シリーズ Vol.2

ロフトワークディレクター分解シリーズ Vol.3

ロフトワークディレクター分解シリーズ Vol.4

ロフトワークディレクター分解シリーズ Vol.5

コメント

blog comments powered by Disqus