Main menu

Column コラム

ロフトワークから2015年のご挨拶

mitsu_suwa

代表取締役社長
諏訪 光洋

chiaki_hayashi

共同創業者、代表取締役
林 千晶

tomohiro_yabashi_sq201411

取締役 兼 COO
矢橋 友宏

ロフトワークからごあいさつ 〜15年目を迎えました〜

新年明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。
皆さまのおかげで、ロフトワークも設立15年目を迎えることができました。マネジメントメンバーよりそれぞれ2015年のご挨拶と抱負をお届けします。

僕ら自身のデザイン、実践のための対話

謙虚であり、ビジョンを持ち伝え、人を尊重し、好奇心を持ち学び続け、情熱を持ち、正直であり、自分が苦手な事と弱みを知る。(Humanity, Vision, Respect, Curiosity, Passion, Integrity and Pragmatism)

これだけ世界は進化して、起業の環境は変わりながら新しい手法が生み出されているけど「経営者」に求められる資質はびっくりするくらい変わっていないらしい。

でもこれって……誰もがもってるべき資質じゃない? マネジメントやエグゼクティブはもちろんプロフェッショナルなら誰でも持っていたい力だし、心がけたいこと。

僕も含め、ロフトワークのメンバーがどうすればこの資質をより強く獲得できるのだろう。どんな問いかけをすればよい?どんな社内のシステムが必要? 皆にどんなメッセージを伝えつづける必要があるのだろう?

もしかしたら僕らだけではなく、沢山の企業と考えるべきことかもしれない。 そこにデザインやクリエイティブ、そしてITから生まれるコミュニケーションのツール、空間やデバイスを加えるべきかもしれない。

システムをデザインする。実践するために対話をつくる。

今年のスワの抱負はあまり面白くない? 今年でロフトワークは15年。少し頑張ってみようと思っているのです。

みなさん、今年もよろしくおねがいします。

諏訪 光洋 (代表取締役社長)
詳細プロフィール

着込んで感覚を鈍らせるより、肌で寒さを感じたい

生きることって、夢を見ることと似ているなと思ってる。

いつ目が覚めるかわからない、自分ではコントロールできないところ。どうせ夢のようなものなら、そしていつか必ず目が覚める(終わる)のなら、怖くても、失敗しても、やりたいことをやった方がいい。だって、夢なんだから。

26歳の時にそう思って会社を辞めて留学し、29歳の時にロフトワークを設立した。

設立から15年経って、自信をもって言えること、それは我ながら何とも面白い夢を見ているということ。

「はい、朝ですよ」といつ起こされても悔いがない、今という瞬間を全身で楽しんでいる、挑戦している感覚がある。

自分を辺境に追いやるのは怖い。うまく行くかどうかもわからない。 でも真ん中の安全なところに身を置いて、頭だけで判断して「今」という景色がぼやけてしまう方がもっと怖い。いっぱい着込んで動きも感覚も鈍くしてしまうより、全身で寒さを感じて、「さむ〜い!」と叫びながら笑っていたい。

何年経っても、会社が成長しても、内側にはそんな柔らかな感受性を維持したまま、寒かったり、痛かったり、でも最高に楽しかったり、感動したりする毎日を仲間と一緒に送りたい。

こんな個性的な仲間たちと笑いが絶えず、挑戦していけるならしあわせなことだと思う。

林 千晶 (代表取締役)
詳細プロフィール

ラディカルな保守派として常に新しいロフトワークを求めたい1年

諏訪、林という”起業家”と比べると(比べるな?)明らかに保守的な私の性格と、規模的にもメンバーの充実度的にも一定の成果を期待できるようになってきた組織の状況を踏まえると、徐々に”安定””安全”を求めるようになり始める頃です。

2015年は、そんな私とロフトワークに対して「ラディカルな保守派」としてチャレンジを仕掛けたい。

もちろん、プロジェクトとして請け負う限り対価に見合うアウトプットを提供していくことは必須であり、成果のクオリティを上げるための改善は保守的に着実に進めていく。日々ディレクターが全力で取り組んでいる活動を、少しでも効率的・効果的に変えていく。

一方で、今年も社内外から多様でワクワクする案件が入ってくるでしょう。

失敗を恐れず、むしろリスクを意図的に取る方向へ舵を向けるラディカルな面をどこまで発揮できるか? これまでに積み上げてきた実績をゼロにして取り組むほどの勇気を持って臨めるか? ヒト・モノ・カネ・情報を淀ませずにドンドン動かすハブになる。

最も尻込みしそうな私自身が、メンバーの後ろから前へ前へ後押ししていく、そんな年が幕を開けました。

矢橋 友宏 (取締役 兼 CMO)
詳細プロフィール

執筆者

mitsu_suwa

代表取締役社長諏訪 光洋

1971年米国サンディエゴ生まれ。
慶応大学総合政策学部(SFC)を卒業後、JapanTimes社が設立したFMラジオ局「InterFM」(FMインターウェーブ株式会社)立ち上げに参画。クリエイティブ業務を経た後、同局最初のクリエイティブディレクターへ就任。1997年渡米。School of Visual Arts Digital Arts専攻を経て、NYでデザイナーとして活動。2000年にロフトワークを起業。

最近執筆した記事

  • chiaki_hayashi
  • tomohiro_yabashi_sq201411

コメント

blog comments powered by Disqus