Main menu

Column コラム

CEATEC JAPAN 2016、ロフトワークも出展!

mayumi_ishikawa

パブリックリレーションズ
石川 真弓

CEATEC JAPAN 2016、ロフトワークも出展!

こんにちは。PRの石川です。

10月4日(火)〜10月7日(金)、幕張メッセで開催している「CEATEC JAPAN 2016」の主催者特別企画「IoTタウン」にロフトワークが出展しました。ロフトワークの展示テーマは「IoT×森」。オープンコラボレーションで林業の抱える課題を解決しよう!という取り組みをCEATECで展示することにしました。

飛騨の森でクマは踊る(通称ヒダクマ)で取り組む林業とオープンコラボレーションやデジタルファブリケーションを使った新しいものづくりへの挑戦をブースで展示。刻々と更新されるライブドローイング、飛騨の森で録った音、インパクトのある生の木、そして映像が一見「CEATECっぽくない」と逆に目を引き、たくさんの方が関心を持って足を止めてくれました。

ロフトワークの、ヒダクマの、飛騨での挑戦

ロフトワークはさまざまなプロジェクトでクライアントと一緒にイノベーションを生み出すために、今ある価値を見つめ直しそこから新しい価値を見出す”常識のアップデート”に取り組んでいます。林業への挑戦も、実際に自分たちで飛騨の森を体験して、森林や木材の価値を再発見して、そこにロフトワークらしいデザインとテクノロジーの要素を組み込みながら価値を更新しようとしています。

また人手不足、流通しづらい広葉樹小径木の活用、職人技術の継承など飛騨の森と林業が持つさまざまな課題解決のために、FabCafe HIDAという「場」を中心とした建築家、デザイナーのコミュニティをづくり、デジタルファブリケーションやテクノロジーによるものづくりの新しい仕組みづくりに挑戦しています。

今回の展示では、IoTタウンの出展企業や来場者のみなさんと一緒に、森林や林業がもつ課題にエンジニアリングがどう役立つのか?そこでどんな新しい体験が生まれるのか?をライブドローイングというインタラクティブな手法を取り入れて創り上げていきました。

「森×IoT」で、どんな体験やソリューションを生み出せるか?このお題に対して、来場者のみなさんからアイデアを頂きます。そのアイデアをキャラストレーションを得意とするイラストレーターユニット「uwabami」のおふたりにお願いしました。「IoT×森」のイラストが展示会期中に完成するという試みです。

ドローンを描いてもらっているところです。すごく早くて上手…!

実際のそのまんまの「木」を展示。ロフトワークは、株式会社飛騨の森でクマは踊るの取り組みを通して、森と伝統技術の価値を捉え直すため「100年先のために今できること」をはじめています。化学反応を生むオープンコラボレーションで新しい価値を生み出す…今も試行錯誤しながらあらゆる可能性に挑戦中です。

あえて、そのまんまの木という、デジタルやIoTからは遠いモノを置いてみる。すると、関心をもって足を止め、そして共感してくださる方が多くいらっしゃったのでした!

描きあがったイラストがこちらです。たくさんのアイデアと体験が可愛いイラストとなりました。この場での出会いを通じて、飛騨での挑戦をさらに加速させていきたいと思います。ご来場いただいたみなさまありがとうございました!


関連コンテンツ
国内外5大学が飛騨に集い「木工技術×IoT」で3週間のものづくりキャンプを実施
SMART CRAFT STUDIO in Hida 2016 >>詳細レポートはこちら

10月22日(土)〜23日(日)の2日間、FabCafe HIDAで飛騨の魅力を存分に味わえる
ヒダクマ秋祭り2016開催 >>詳細・お申し込みはこちら

株式会社飛騨の森でクマは踊る 概要
会社名:株式会社 飛騨の森でクマは踊る(通称:「ヒダクマ」)
代表取締役:林千晶 取締役:諏訪光洋 竹本吉輝 松本剛
所在地:岐阜県飛騨市古川町本町2番22号
連絡先:info@hidakuma.com
URL:http://hidakuma.com
事業概要:木製品加工販売、カフェ・ホステル運営
設立:2015年4月予定
資本金:2,000万円(資本準備金:2,000万円)
株主:飛騨市(50%) 株式会社トビムシ(25%) 株式会社ロフトワーク(25%)

こんな展示もロフトワークでお手伝いしました

CEATEC JAPAN 2016のプレイベントとして9月9日に「未来をデザインするIdeathon vol.7 拡張する身体 進化するIoT」を開催。イベントから生まれたアイディアをビジュアライズした特大ストーリーボードの展示を行いました。

当日は家電/カメラ/PC・電機/玩具/医療機器メーカー、警備サービス、EC、金融、ITなど幅広い業界から、研究開発の第一線で活躍している方々が参加。自由な発想と多様な参加者ならではのオープンコラボレーションが実現しました。この特別展示ブースでは、イベントで生まれたアイディアのうち5つをビジュアライズして紹介しています。

アイデアソンから生まれたアイデアを、loftwork.comのクリエイターがグラフィックイラストとして描いたパネルを展示。

また、ロフトワークも協力している、ロームのアイデアコンテスト「ROHM OPEN HACK CHALLENGE」の受賞作品が展示されていました。

ロームのアイデアコンテスト「ROHM OPEN HACK CHALLENGE」の受賞作品についてお話しする、女優池澤あやかさん。池澤さんはこのコンテストの審査員を務めていただきました。

CEATEC JAPAN 2016 開催概要
・会期:2016年10月4日(火)~ 7日(金)10:00~17:00
・会場:幕張メッセ(千葉市美浜区中瀬2-1)
・開催テーマ:「つながる社会、共創する未来」
・入場:全来場者登録入場制
・WEBサイト:http://www.ceatec.com/ja/

執筆者

mayumi_ishikawa

パブリックリレーションズ石川 真弓

WEB制作会社勤務を経て、シックス・アパートで広報及びマーケティングに携わる。2013年7月より、ロフトワークとFabCafeのPR/プランナーとして、広報活動や各種プロジェクトのコミュニケーション戦略のプランニングを担当。本業の傍ら、個人ブログの運営やWebメディアでのライター業務、日本初のHDR写真をテーマにした書籍『HDR写真 魔法のかけ方レシピ』(技術評論社)を刊行するなど、週4日勤務社員とライター・ブロガー活動のパラレルキャリアを実践している。

最近執筆した記事

コメント

blog comments powered by Disqus