Main menu

Event

Eng.2 ソーシャルメディアプラットフォーム ~企業自らがリードするソーシャルというメディア~

レポート掲載

開催日
2010年11月09日 (火)
場所
ゲートシティ大崎 ウエストタワー 地下1階 ルームD
参加費
無料

近年、企業はWebをはじめコミュニティサイトやtwitter、メール、モバイルコミュニティなどの普及により、顧客との接点を持てるようになってきました。
企業自らがリードしてソーシャルに対する戦略を考えなければ、顧客との強い絆をむすび、ファンにすることは難しくなってきました。本セミナーでは、エンゲージメントを成功させるためのソーシャルの設計とインフラ、ガイドラインについてご紹介します。

登壇者

mitsu_suwa
諏訪 光洋
山本 隆範様

開催概要

セミナータイトル Eng.2 ソーシャルメディアプラットフォーム ~企業自らがリードするソーシャルというメディア~
開催日時 2010年11月09日(火) 14:00〜16:30 (13:30開場・受付開始)
場所 ゲートシティ大崎 ウエストタワー 地下1階 ルームD
対象 業種・企業規模を問わず、マーケティングに興味のある企業様
Webサイトリニューアルや、導入を直近または将来的にご検討されている企業様
参加費 無料
定員 50名
主催 NECビッグローブ、ロフトワーク 共催

11/9 第2回Webエンゲージメントセミナー 事前座談会 ソーシャルメディアプラットフォーム

11/9 第2回Webエンゲージメントセミナー 事前座談会 ソーシャルメディアプラットフォーム

Webエンゲージメントセミナー 今後の開催予定

『Webエンゲージメント』とは、消費者に一方的にメッセージを投げかける形をとっていた従来のWebマーケティングとは異なり、消費者からのコンタクトをベースにした新しいWebマーケティング手法です。

顧客との心理的な繋がりを重視し、商品やサービスに消費者サイドから親しみを持ってもらい、必要としてもらうために効果的な方法を考えることを『エンゲージメント』と表現しています。

■Webエンゲージメントセミナー(全5回)の概要

Eng.1 9月2日(木) 成果を上げるWebインテグレーション  満員御礼
PDCAを適切に回してROIを高めるために、Web担当者がおさえるべき、サイト設計、インフラ、エンゲージメントの成果測定について解説します。

Eng.2 11月9日(火) ソーシャルプラットフォーム
ソーシャルメディアは直接ユーザの声を聞くことができるため、今までのように代理店任せではなく企業側のリードが必須です。整備すべきインフラからガイドラインまで紹介。

Eng.3 12月7日(火) キャンペーン
Web・モバイルのキャンペーンを成功させるための仕掛けと仕組みについて紹介するともに、成果をあげるキャンペーン展開のヒントを探ります。

Eng.4 1月18日(火) ユーザビリティとIA
顧客と企業の間でやりとりされるWebの情報をわかりやすくつなげる、最高の「ユーザ体験」を提供するために必要なフローと仕組みづくりを検討します。

Eng.5 2月15日(火) 最新成功事例
HTML 5、iPadなど、新たなテクノロジーや表現、ツールを活用し、エンゲージメントを高めた事例を紹介し、成功に導いたポイントを分析します。

プログラム

  • 14:00
    |
    14:05

    ご挨拶と概要説明

  • 14:05
    |
    14:35

    第1部 ソーシャルメディアとエンゲージメント戦略

    ますます大きく重要になりつつあるソーシャルメディアの波。その波に飲み込まれ埋没するか、活用し大きな成果を生み出すか。企業の多くは岐路に立たされています。ロフトワーク自身が運営する日本最大級のクリエイターのソーシャルメディア"loftwork.com"や"WebEXP"、そしてその他の成功事例を元に企業がどうソーシャルメディアと向かい合い戦略をつくるべきかをわかりやすく解説します。

    mitsu_suwa
    • 株式会社ロフトワーク
    • 代表取締役社長
    • 諏訪 光洋
  • 14:35
    |
    15:05

    第2部 ソーシャルを実現するクラウドプラットフォーム

    企業広報や宣伝、キャラクターなどにも活用されているtwitter。BtoC企業の商品調査に採用されているtwitterコメントの調査分析するツールなど、事例を中心にソーシャルサービスを支援するクラウドプラットフォーム利用のポイントを解説します。

    • NECビッグローブ株式会社
    • ビジネスサービス事業部 部長
    • 山本 隆範様
  • 15:05
    |
    15:15

    休憩

  • 15:15
    |
    15:55

    第3部 企業におけるソーシャルメディアのガイドライン

    自社メディア(Webサイト)に加えて、ソーシャルメディアを積極的活用していこうと考えるヤマハ。しかし、企業はその規模が大きくなるほど、多様な人が関わるため、発信してよい情報の判断基準などルールが必要です。Web全体のガイドラインをはじめ、ブログやtwitter、YouTubeなど ソーシャルメディアのガイドラインを、今まさに調査・作成中の同社に、企業がソーシャルメディアに対して取り組む姿勢、注意点について伺います。

    ヤマハ株式会社
    eヤマハ室 CGMプロジェクト リーダー
    鞍掛 靖氏

  • 15:55
    |
    16:10

    質疑応答

  • 16:10
    |
    16:30

    名刺交換

登壇者

mitsu_suwa

株式会社ロフトワーク
代表取締役社長
諏訪 光洋

1971年米国サンディエゴ生まれ。
慶応大学総合政策学部(SFC)を卒業後、JapanTimes社が設立したFMラジオ局「InterFM」(FMインターウェーブ株式会社)立ち上げに参画。クリエイティブ業務を経た後、同局最初のクリエイティブディレクターへ就任。1997年渡米。School of Visual Arts Digital Arts専攻を経て、NYでデザイナーとして活動。2000年にロフトワークを起業。

NECビッグローブ株式会社
ビジネスサービス事業部 部長
山本 隆範様

メディア協賛

  • gihyo

  • WEBtan

  • Webprofessional

  • マーケジン

レポートを見る

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。