Main menu

第3回:プロジェクトコンパス ~プロジェクトの羅針盤を作る~ [9つの知識エリア編]

2012年7月11日、「Tokyo Art Research Lab 実践!プロジェクトデザイン」第3回講座が開催されました。(レポート:第1回 / 第2回)今回のテーマは、「プロジェクトコンパス ~プロジェクトの羅針盤を作る~」。プロジェクトの方向性を高い精度で「共有」するための、非常に重要なドキュメント作成のフェーズです。

(レポート:クリエイティブDiv. ディレクター 越本 春香)


PD講座 vol.03 プロジェクトコンパス

プロジェクトマネージャーに学ぶ「羅針盤」

プロジェクトの航海図を描いてから、冒険に出よう

今回の課題は、「プロジェクトコンパスシート」を使って、チームのプロジェクト内容をフレームワークに落としこんでいくこと。プロジェクトコンパスシートは、ロフトワークのクリエイティブワークでも実際に使用している「プロジェクトマネジメント計画書」をベースにしたドキュメントです。

◎お題:プロジェクトの方向性を具体化するプロジェクトコンパスシートを作成する

◎ポイント:
・ 小さなことから具体的に決めていくこと
・ 想定されることはすべて書き出していくこと

▲ワークで使用したプロジェクトコンパスシート

プロジェクトを定義する「9つの知識エリア」で全容を把握

プロジェクト・デザインは、世界的なプロジェクトマネジメントの知識体系「PMBOK(ピンボック)」をベースとした手法です。プロジェクトコンパスシートの項目は、このPMBOKで定義されている「9つの知識エリア」を網羅しており、全てを埋めることでプロジェクトの方向性からリスクまで、全容を把握できるようになっています。

 1.プロジェクト統合マネジメント:   

 達成したい目的と、目的到達するための目標を決める

2.プロジェクト・スコープ・マネジメント:成果物や作業範囲の定義  

 ……前提条件や制約条件を洗い出す、「やらなくていいこと」も見える化すること

3.プロジェクト・タイム・マネジメント:スケジュールの作成・管理を定義  

 ……マイルストーンの設定、クリティカルパスの認識、全体スケジュールをすり合わせる

4.プロジェクト・コスト・マネジメント:関連費用を見積もる  

 ……見積りの方法・精度に注意し、リスクに備えたバッファもあらかじめ用意する

5.プロジェクト品質マネジメント:成果物の完成度設定、達成するための手法を計画  

 ……ベンチマークの設定、計画により達成される品質レベルも定義する

6.プロジェクト人的資源マネジメント:チーム体制の計画  

 ……プロジェクトマネージャーの人脈力、メンバーの役割と責任を可視化

7.プロジェクト・コミュニケーション・マネジメント:チーム内のコミュニケーション計画を定義  

 ……ステークホルダーの分析、コミュニケーション手法やルートを整理する

8.プロジェクト・リスク・マネジメント:想定されるリスクと対処方法を明文化  

 ……既知/未知のリスクを可能な限り洗い出す、リスクに優先順位をつける

9.プロジェクト調達マネジメント:外部発注や契約に関わる事項を定義  

 ……契約書の重要性を再確認

 

(参考:PMBOKガイド- Wikipedia[英]

PD講座 vol.03 プロジェクトコンパス

 

▲「プロジェクト開始時には必ずこの羅針盤を網羅し、関係者全員で確認することが重要です」ロフトワークのクリエイティブディレクター・実本が9つの知識エリアやコンパスシートについて解説

PD講座 vol.03 プロジェクトコンパス

 ▲後半のワークで、プロジェクトコンパスシートづくりがスタート

コメント

blog comments powered by Disqus

次回セミナーのご案内

  • 19
    11月

エネルギー、知ってデザインする  -Planting seeds of inspiration.-

本プログラムは、MTRL Kyotoで開催する、イベントの転載です。 エネルギー、知ってデザインする  -Planting seeds of inspiration.-第一回:手のひらサイズの小さ...

このイベントに申し込む

お申し込みを受け付けております。