Main menu

Webディレクターのためのハッカソン Direc-a-thon Vol.1

Webディレクターのためのハッカソン Direc-a-thon Vol.1

セミナー終了

開催日
2013年11月22日 (金)
場所
loftwork Lab(ロフトワーク 10F)
参加費
有料
  • 22
    11月
  • 有料
  • 東京

終了しました

Webディレクターのためのハッカソン Direc-a-thon Vol.1

WebディレクターによるWebディレクターのためのハッカソン「Direc-a-thon」。

実在するサイトを「もしあなたがリニューアルするなら?」をテーマに、リニューアルに必要な「ワイヤーフレーム」と「ドキュメント」を4時間のワークでつくりあげていきます。

ディレクターの腕の見せ所のひとつワイヤーフレーム制作と、それを裏付けるための確かな「ドキュメント」を限られた時間でどこまで作れるのか。アドバイザーとして参加する777 intractive(トリプルセブン・インタラクティブ)福田 敏也氏やロフトワークシニアディレクター陣から、すぐに業務で役立つ的確なレビューを受けられます。

また、ロフトワーク女性ディレクター陣もハッカソンに参加。普段なかなかできない他社のWebディレクターとの交流、スキル・ナレッジの共有などが出来るチャンスです。この機会にぜひご参加ください。

4時間みっちり手を動かします!

Webディレクターのためのハッカソン Direc-a-thon Vol.1


こんな方にオススメです!

check「他の会社のWebディレクションが気になる」
check「Webディレクターの仕事ってどういう感じなんだろう?」
check「たまには実際の案件以外で自由にディレクションの設計をしたい!」
check「自分のWebディレクションスキルを向上させるきっかけが欲しい!」
check「自社以外のWebディレクターと交流したい!」

登壇者

福田 敏也氏
福田 敏也氏
株式会社ケイズデザインラボ 代表取締役社長 原 雄司氏
原 雄司氏
Haruka Koshimoto
越本 春香

開催概要

セミナータイトル Webディレクターのためのハッカソン Direc-a-thon Vol.1
開催日時 2013年11月22日(金) 13:50 - 20:30(13:30開場 懇親会 19:00~)
場所 loftwork Lab(ロフトワーク 10F)
道玄坂1-22-7 道玄坂ピア10F ※受付はロフトワーク10Fです
地図
対象 ・他社とのナレッジ共有に興味がある、Webディレクター、プロデューサー 
・他社ディレクターと交流がしたい、Webディレクター、プロデューサー 
・たまには実際の案件以外で自由に設計をしたい、Webディレクター、プロデューサー 
・福田敏也さんにアドバイスをもらいたい、Webディレクター、プロデューサー
参加費 3,000円(税込)
*当日現金にてお支払いください
*ドリンク、軽食、懇親会費を含みます
定員 20名
ご注意 ・当日はPCをご持参ください
・参加費は当日現金にてお支払ください。領収書をお渡しいたします
・開催日まで1週間を経過したキャンセルは、参加費の100%をいただきます
・当日のお写真、レポートは後日弊社サイトにて公開させていただきます
主催 株式会社ロフトワーク

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

プログラム

【Webディレクターのためのハッカソン Direc-a-thon Vol.1】
13:50 ‐ 14:00 挨拶&イベント趣旨説明
14:00 - 14:20 アイスブレイク
14:20 - 14:45 会社紹介、成果物の説明
14:45 - 18:30 ハッカソン
(16:00 - 16:15 ディスカッション)
18:30 - 19:00 ハッカソン終了、乾杯
19:00 - 20:30 講評、懇親会

アドバイザー

福田 敏也氏

株式会社トリプルセブン・インタラクティブ
代表取締役・エグゼクティブクリエイティブディレクター
多摩美術大学・武蔵野美術大学非常勤講師
FabCafe共同設立者
福田 敏也氏

広告会社博報堂で15年間CMをつくり続けた後、企業がネットの活用を考え始める90年代からネットを軸にしたコミュニケーション設計を考え始める。2003年に独立し777interactiveを設立。広告企画だけでなく、企業ブランディング、コーポレートコミュニケーション設計、メディア設計、オンラインショップ設計、サービス設計、事業設計など、さまざまなタイプの企業ニーズに応えてきた。ビジネス視点、ブランディング視点、メディア視点、PR視点、コンテンツ視点、ユーザビリティ視点、表現視点など、多種多様な業務経験によって育てられた多面的視点での問題解決に定評がある。2002年のカンヌ広告祭金賞をはじめ、世界の主要な広告祭で多数の受賞歴を持つと同時に、カンヌ、CLIO、NY ONE CLUB、NYADC、D&AD、Facebook Award、東京インタラクティブアドアワードなど内外の広告賞の審査員をつとめてきた。2010年からは、FabCafeの設立にも関わる。

株式会社ケイズデザインラボ 代表取締役社長 原 雄司氏

株式会社ケイズデザインラボ
代表取締役社長
原 雄司氏

大手通信機メーカーの試作現場に就職。その後、格闘家を続けながら金型用3次元CAD/CAMメーカーに転職し、開発責任者、子会社社長、IR担当などを経験。1990年代に切削RPなどを提唱し「机の上でものづくり」を推進。 2006年に『アナログとデジタル融合で世界を変える!』を標榜しケイズデザインラボを設立。2012年「デジタルシボD3テクスチャー」プロセスの考案で東京都ベンチャー技術大賞奨励賞を受賞。2012年に3DスタジオCUBEをイグアス社と共同で発案し、渋谷道玄坂のものづくりカフェ「FabCafe」との連携で、企業から個人まで体験できる3Dデジタルものづくりの体験スペースを運営中。 ものづくりから、デザイン、アート、医療、エンターテインメントまで、様々な分野での3Dデジタルものづくりの活用を提案している。

ロフトワーク スタッフ

Haruka Koshimoto

株式会社ロフトワーク
クリエイティブディレクター
越本 春香

大学卒業後、ノベルティグッズの広告代理店に入社し、企画営業を担当。リアルなものづくりから、形のないものを作るWEBの世界に惹かれキャリアチェンジ。ネット広告代理店ではECサイトをメインに広告プランニングを行う。2012年にロフトワークに入社し、クリエイティブディレクターとして企業のWEBサイト構築や、ツタグラではイベント運営も手がける。

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

地図・アクセス


より大きな地図で 株式会社ロフトワーク を表示

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。