Main menu

XPD2016 SPRING

Experience Design 2016 SPRING - Data × Design -

レポート掲載

開催日
2016年03月24日 (木)
場所
DAY1:六本木アカデミーヒルズ/DAY2:株式会社ロフトワーク
参加費
有料

体験をデザインするーー。

顧客体験をテーマに、さまざなジャンルのスピーカーを招き過去4回開催してきたExperience Design (XPD)シリーズ。今回のテーマは、「Data × Design」。IoT、AI、ロボット、日々進化するテクノロジー。さまざまなモノがデジタル化し、蓄積されていく膨大なデータ。企業は、それをどう活かし新たな体験をデザインしていくのか?未来を描き続ける経営者、サイエンティスト、プロダクト開発者などを迎え学ぶ「Conference」 と、深める「Workshop」。XPD初の2日開催で「Data × Design」を体験してください。

登壇者

川鍋 一朗
川鍋 一朗
濱田 晃一
濱田 晃一
留目 真伸
留目 真伸
Ben Waber
Ben Waber
『WIRED』  日本版 編集長 若林 恵
若林 恵
磯貝 俊樹
磯貝 俊樹
森部 浩至
森部 浩至
伊藤 武仙
伊藤 武仙
Chiaki Hayashi
林 千晶
諏訪光洋
諏訪 光洋
Yu Shigematsu
重松 佑
hajime matsui
松井 創
Kotaro Iwaoka
岩岡 孝太郎
君塚美香
君塚 美香
Seiji Sasaki
佐々木 星児
Seitaro Fujino
藤野 清太郎
Kazuya Ohara
小原 和也

開催概要

イベントタイトル Experience Design 2016 SPRING - Data × Design -
開催日時 DAY1 Conference:2016年3月24日(木)10:45 - 16:20(10:15受付開始)
DAY2 Workshop:2016年3月25日(金)14:00 - 19:00 (13:45受付開始)
場所 DAY1 Conference:六本木アカデミーヒルズ
DAY2 Workshop:ロフトワーク COOOP / FabCafe MTRL / FabCafe Tokyo
対象 ・よりよい体験をユーザーに提供したいと考えている方
・企業で顧客体験向上のミッションをお持ちの方
・データを活用した体験のデザインに興味のある方
・事業責任者、R&D、新規事業、マーケティング、CX・UX担当者
参加費 Early Bird Ticket :¥10,000 2/10(水)〜2/29(月) 販売終了
Advance Ticket(早割チケット):¥12,000 限定40名 販売終了
Standard Ticket:¥18,000 3/1(火)〜3/23(水) 販売終了

*Advance Ticket は、売切れ次第、販売終了します
*Conference & Workshopの2days-Ticket
*Networkingのフード・ドリンク費込み
*Conferenceでの各Workshop紹介後に、参加希望のWorkshopをお選びいただけます
定員 150名
主催 株式会社ロフトワーク
お問い合わせ 株式会社ロフトワーク XPD 運営事務局
marketing@loftwork.com
ご注意 ・参加者の皆さんの聴講・作業風景などのお写真や、発表いただく内容は後日弊社サイトにて掲載させていただく可能性があります。
・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
・申込完了メールは、フォーム入力のメールアドレスではなく、Peatixアカウント登録のメールアドレスに送付されます。
・決済完了をもって申込受付となります。お支払い前に定員に達した場合は、参加ができなくなりますのでATMやコンビニ決済選択の方はすみやかにお支払いをお願いします。
・キャンセルをご希望の場合はPeatix「主催者へ連絡」よりご一報ください。3/14までにご連絡いただいた場合は、返金させていただきます。
・領収書の発行についてはPeatixサポートページをご覧ください。

レポートを見る

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

プログラム

Day1

10:45-11:00 Welcome and Opening Message
株式会社ロフトワーク シニアディレクター 重松 佑

11:00-11:30 Keynote
「Mobility × XPD - 日本交通は何に挑戦し、何を変えたのか」
日本交通株式会社 代表取締役会長 川鍋 一朗

11:30-12:00 Technology Session
「Data × XPD - 機械学習と新たな体験提供の挑戦」
株式会社ディー・エヌ・エー アナリティクスアーキテクト 濱田 晃一

12:00-12:30 Panel Discussion
「未来のExperience Design」
日本交通株式会社 代表取締役会長 川鍋 一朗
株式会社ディー・エヌ・エー アナリティクスアーキテクト 濱田 晃一
株式会社ロフトワーク 代表取締役社長 諏訪 光洋
株式会社ロフトワーク マーケティングDiv リーダー/ビジネスストラテジーエヴァンジェリスト君塚 美香(モデレーター )
12:30-13:45 Lunch Break

13:45-13:50 Introduction of the Deep-Dive Workshops

13:50-14:20 #1 “Perceptual Experience”
「次世代のUI」
レノボ・ジャパン株式会社 代表取締役社長 兼
NECパーソナルコンピュータ株式会社 代表取締役 執行役員社長 留目 真伸
株式会社ロフトワーク プロデューサー 松井 創

14:20-14:50 #2 “Sustainable Food System”
「未来のバリュー・デザイン」
株式会社デンソー 技術企画部 DP-Robotics 担当課長 磯貝 俊樹
株式会社ロフトワーク/FabCafe LLP/株式会社飛騨の森でクマは踊る プロデューサー 岩岡 孝太郎

14:50-15:20 #3 “People Analytics”
「行動データ分析で変える働き方」
Humanyze Co-Founder, President, and CEO Ben Waber
株式会社ロフトワーク プロデューサー カワナ アキ

15:20-15:35 Selection of the Workshop

15:35-16:10 Cross Talk
「問いのデザイン」
『WIRED』日本版 編集長 若林 恵
株式会社ロフトワーク 代表取締役 林 千晶

16:10-16:20 Inspiration Talk for DAY2 (The Deep-Dive Workshops)
株式会社ロフトワーク 代表取締役社長 諏訪 光洋

DAY2 / The Deep-Dive Workshops


13:45 - 14:00 Registration

14:00 - 14:10 Opening

14:10 - 18:00 Deep-Dive Workshops
#1 “Perceptual Experience” @FabCafe MTRL
「次世代のUI」
NECパーソナルコンピュータ株式会社 商品企画本部 コンシューマグループ マネージャー 森部 浩至
一般社団法人T.M.C.N 理事長/Co-founder 伊藤 武仙
株式会社ロフトワーク MTRL プロデューサー 小原 和也

#2 “Sustainable Food System ” @FabCafe Tokyo
「未来のバリュー・デザイン」
株式会社デンソー 技術企画部 DP-Robotics 担当課長 磯貝 俊樹
株式会社ロフトワーク/FabCafe LLP/株式会社飛騨の森でクマは踊る プロデューサー 岩岡 孝太郎
株式会社ロフトワーク クリエイティブディレクター 伊藤 志保

#3 “People Analytics” @Loftwork COOOP
「行動データ分析で変える働き方」
Humanyze Co-Founder, President, and CEO Ben Waber
株式会社ロフトワーク プロデューサー カワナ アキ

18:00 - 19:00 Networking

KEYNOTE/Technology Session

川鍋 一朗

日本交通株式会社
代表取締役会長 JapanTaxi株式会社 代表取締役社長
川鍋 一朗

1970年生まれ。1993年慶應義塾大学経済学部卒業。1997年ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院MBA取得。同年9月マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク・ジャパン入社を経て2000年1月日本交通株式会社に入社。2005年8月代表取締役社長、2015年10月代表取締役会長に就任。三代目として『黒タク』『陣痛タクシー』『キッズタクシー』『サポートタクシー』『観光タクシー』導入や『日本交通タクシー配車』『全国タクシー』アプリ開発など改革を進め、日本交通グループとして約5200台の国内最大手のハイヤー・タクシー会社を牽引。2013年6月に全国ハイヤー・タクシー協会の副会長、2014年5月東京ハイヤー・タクシー協会の会長に就任。

濱田 晃一

株式会社ディー・エヌ・エー
アナリティクスアーキテクト
濱田 晃一

2004年東京大学大学院で 量子統計場の理論(理論物理学)の研究で博士号を取得。ベンチャー企業で統計数理手法を活用した行動解析の各種理論構築・システム開発を経て、2010年6月株式会社ディー・エヌ・エー入社。 ソーシャルゲーム部門でのデータマイニングチーム立ち上げ、Mobageプラットフォーム全体の機械学習を活用したサービス開発。現在は、その対象をDeNA全サービスまで広げ、新たな価値ある体験設計から、分散機械学習アルゴリズムの設計・実装・サービス提供までを行っている。日々、一日あたり50億超の大規模ユーザー行動情報、ソーシャルグラフ、テキスト、画像などを用い各種大規模機械学習を行い、数千万ユーザーひとりひとりに対しそれぞれの興味・個性・つながりにあった体験を提供。最近は、深層学習を活用し、人の感性・創作に関わる新たな体験提供の挑戦も行っている。 プライベートでは、2010年2月からデータマイニング・機械学習の実活用の裾野を広げることを目的としたコミュニティ「データマイニング+WEB@東京」(TokyoWebmining)を主催。6年間で累積53回のMeet-upを開催し、現在登録者1400人超。毎月、機械学習の実活用に関するノウハウ共有・議論を行っている。著書:「Mobageを支える技術」。

SESSION

留目 真伸

レノボ・ジャパン株式会社
代表取締役社長 兼 NECパーソナルコンピュータ株式会社 代表取締役 執行役員社長
留目 真伸

早稲田大学政治経済学部卒。総合商社、外資系戦略コンサルティング、外資系IT、日系製造小売を経て、2006年レノボ・ジャパンに入社。常務執行役員として戦略・オペレーション・製品事業・営業部門統括を歴任。2011年からNECパーソナルコンピュータの取締役を兼任し、NECとのPC事業の統合プロジェクトを統括。2012年6月よりLenovo Group米国本社戦略担当部門に赴任。 2014年4月 レノボ・ジャパン、NECパーソナルコンピュータ両社の社長に就任。DREAM (Digital Revolution for Empowering All Mankind)構想を掲げ、パーソナル・コンピューティングの第二章を切り拓いていくための共創プロジェクトを推進している。1971年生まれ、44歳。

Ben Waber

Humanyze
Co-Founder, President, and CEO
Ben Waber

Ben Waber is recognized worldwide as an expert in people analytics,collaboration, and wearable technology. He is the leader of Humanyze, a behavioral analytics company that uses wearable sensing technology to transform how companies are managed. He is also a visiting scientist at the MIT Media Lab, where he received his PhD, and he was previously a senior researcher at Harvard Business School. Ben has been featured in Wired, CNN, The New York Times, and the Wall Street Journal, among other outlets, and his work was selected for the Harvard Business Review's List of Breakthrough Ideas and the Technology Review's Top 10 Emerging Technologies. His book, People Analytics, is an international bestseller and was released in 2013 by the Financial Times Press.

『WIRED』  日本版 編集長 若林 恵

『WIRED』 日本版 編集長
若林 恵

1971年生まれ、ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学 第一文学部 フランス文学科卒業。 大学卒業後、平凡社に入社。『月刊 太陽』の編集部スタッフとして、日本の伝統文化から料理、建築、デザイン、文学などカルチャー全般に関わる記事の編集に携わる。2000年にフリー編集者として独立し、以後、『Esquire日本版』『TITLE』『LIVING DESIGN』『BRUTUS』『GQ JAPAN』などの雑誌、企業や大使館などのためのフリーペーパー、企業広報誌の編集制作などを行ってきたほか、展覧会の図録や書籍の編集も数多く手がけている。また、音楽ジャーナリストとして『intoxicate』『MUSIC MAGAZINE』『CD Journal』等の雑誌で、フリージャズからK-POPまで、広範なジャンルの音楽記事を手がけており、近年では音楽レーベルのコンサルティングなども行っている。

磯貝 俊樹

株式会社デンソー
技術企画部 DP-Robotics 担当課長
磯貝 俊樹

デンソー入社以来、研究開発部門にて主に将来製品向け技術開発に従事。2012年から企画部門に異動。従来の技術積み上げではなく、未来社会像を自分たちで最初に描き出し描き出した未来から自社研究開発の方向性を見出していくというデンソーにとっての新たなやり方にチャレンジする活動に参画2014年からその活動を引き継いだ形で発足したDP-Robotics室にてデンソーが持つロボットおよび関連技術による、新たな農業および食生活の仕組み実現に向けて活動中。

森部 浩至

NECパーソナルコンピュータ株式会社
商品企画本部 コンシューマグループ マネージャー
森部 浩至

商品企画本部に所属。入社してから十数年、主にコンシューマ向けパソコンの商品戦略・商品企画業務に従事し、 新規事業立ち上げ、新カテゴリ商品の創出、ブランディング戦略の立案などのプロジェクトをリード。現在、NECのコンシューマ向け製品ブランド「LAVIE」のブランドエバンジェリストとして、商品認知、ブランド向上に向けて活動。Intel RealSenseテクノロジーを活用し、日常生活をもっと便利に、ワクワクさせる新たなユーザ体験の創出・提供を目的とした、Intel・NECパーソナルコンピュータ主催の共創プロジェクト「HIGH TOUCHプロジェクト」を始動。

伊藤 武仙

一般社団法人T.M.C.N
理事長/Co-founder
伊藤 武仙

エレクトロニクス関連の輸入販売会社で新規技術やハードウェアスタートアップの調査、導入、新規事業立ち上げに従事。2013年8月にセンサー&デバイスをテーマにした飲み会「Tokyo MotionControl Network」(TMCN)を有志で立ち上げ、2015年2月にコミュニティを法人化して理事長に就任。センサー&デバイスに関する調査研究開発や、子ども向けSTEAM学習ワークショップの企画運営などを行う。

Chiaki Hayashi

株式会社ロフトワーク
代表取締役
林 千晶

1971年生、アラブ首長国育ち。2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、ロフトワークが手がけるプロジェクトは年間530件を超える。書籍『シェアをデザインする』『Webプロジェクトマネジメント標準』『グローバル・プロジェクトマネジメント』などを執筆。2015年4月、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を設立、代表取締役社長に就任。

諏訪光洋

株式会社ロフトワーク
代表取締役社長
諏訪 光洋

1971年米国サンディエゴ生まれ。
慶応大学総合政策学部(SFC)を卒業後、JapanTimes社が設立したFMラジオ局「InterFM」(FMインターウェーブ株式会社)立ち上げに参画。クリエイティブ業務を経た後、同局最初のクリエイティブディレクターへ就任。1997年渡米。School of Visual Arts Digital Arts専攻を経て、NYでデザイナーとして活動。2000年にロフトワークを起業。

Yu Shigematsu

株式会社ロフトワーク
クリエイティブDiv. シニアディレクター
重松 佑

日本大学芸術学部映画学科卒業後、映像業界を経てディレクターとしてWeb業界へ。企画提案、コーポレートサイト制作、スマートフォン制作、アプリ制作など幅広く制作に携わる。2012年ロフトワークに入社。企画・取材の提案から、ワークショップの設計などを得意とする提案型のディレクター。ミュージックビデオなどの映像作家としても(ときどき)活動中。

hajime matsui

株式会社ロフトワーク
プロデューサー
松井 創

千葉大学工学部卒。ポータルサイト運営会社を経て2012年にロフトワーク入社。マーケティングdiv.にてWebサイトや企業の新製品・新サービスのコンセプト策定、建築空間・コミュニティの計画からコミュニケーション戦略まで幅広くプロデュース。新しいものをつくること、ものづくりが好き。あだ名は、はじめちゃん。

Kotaro Iwaoka

株式会社ロフトワーク
FabCafe LLP Fab Director
岩岡 孝太郎

千葉大学卒業後、建築設計事務所に入社し個人住宅や集合住宅の設計を担当。その後、慶應義塾大学大学院に進学しデジタルものづくりの研究制作に従事。2011年、クリエイティブな制作環境とカフェをひとつにする"FabCafe"構想を持ってロフトワークに入社。FabCafeではディレクターとしてクリエイティブなアイデアを形にするサービスや企画を担当している。その他に、東京芸術大学芸術情報センターにて非常勤講師を担当。

君塚美香

株式会社ロフトワーク
マーケティング / ビジネスストラテジーエヴァンジェリスト
君塚 美香

茨城大学理学部卒業後、ソフトウェアハウスにてSE、SIの経験を積む。2003年に現KDDI ウェブコミュニケーションズに入社し、ゼネラルマネージャーとして20名のマーケティングチームを統括。現在は、ロフトワークマーケティングdivにて、これまでの多岐にわたる職種経験を活かし、パートナーとのアライアンス業務のほか、BtoC案件のプランニングやプロデュースなどゼネラリストとして活動中。

Seiji Sasaki

株式会社ロフトワーク
クリエイティブディレクター
佐々木 星児

大学卒業後、アパレルブランドの企画・販売を行うメーカーを経て、デザイン会社にて主にグラフィックデザインのディレクション業務を担当。また、同社が運営する一般社団法人の活動の中で、新しいサービスやプロダクトの開発、イベントや教育プログラムの設計などに携わる。ロフトワークではディレクターとして、企業や製品のWeb・グラフィック・映像などのクリエイティブディレクション、新規事業のコンセプト立案、アイデア発想やUXデザインのワークショップの企画・実施など、様々なプロジェクトに従事。

Seitaro Fujino

株式会社ロフトワーク
クリエイティブディレクター
藤野 清太郎

大学卒業後、Web制作会社にて、エンタメ系コンテンツのライディング、編集を行う。その後、コーポレートサイトや、キャンペーンサイトの企画提案、制作ディレクションの経験を積む。前職では月間数千万PV規模の大手メディアサイトのWeb担当としてログ解析や、サイトリニューアル、新規事業の立ち上げなどサービス運営業務に従事。2014年ロフトワーク入社。特にプランニング工程が好きな妄想系ディレクター。

Kazuya Ohara

株式会社ロフトワーク
MTRL プロデューサー
小原 和也

兵庫県姫路市出身。法政大学卒業。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科x-DESIGNプログラムにてデザインプロセスにおける暗黙知の言語化に着目した研究活動を行う。2015年よりロフトワークに参加し、オウンドメディア事業や新規事業の創出に関わる。モットーは 「人生はミスマッチ」。編著に『ファッションは更新できるのか?会議 人と服と社会のプロセス・イノベーションを夢想する』(フィルムアート社、2015)がある。あだ名は弁慶。

レポートを見る

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

地図・アクセス

DAY1 Conference:六本木アカデミーヒルズ

DAY2 Workshop:ロフトワーク COOOP / FabCafe MTRL / FabCafe Tokyo

レポートを見る

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

メディア協賛

  • WIRED

レポートを見る

本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。