Main menu

大学の未来を議論する~「ICT」「オウンドメディア」「グローバル」の視点から~
  • 1
    7月
  • 無料
  • 東京

レポート掲載中

loftwork COOOP(ロフトワーク渋谷 10F)

大学の未来を議論する~「ICT」「オウンドメディア」「グローバル」の視点から~

大学の未来を議論する~「ICT」「オウンドメディア」「グローバル」の視点から~

7月1日の午後、25人の大学関係者が渋谷のロフトワークに集まりました。大学職員、教員、現役の学生など、参加者の立場はさまざまです。

この日のイベントは「大学の価値とブランドを考える座談会 変革への対応 - グローバル・ICT・大学メディア」。ゲストスピーカーのプレゼンテーション+全員参加による座談会の形式で、活発な議論が交わされました。ここでは、当日の議論から、示唆に富んだ発言を一部紹介します。

「情熱」「チーム」「本質」がプロジェクトのカギ

まずは、ロフトワーク プロデューサー浅見和彦のオープニングトーク。大学のWebサイト制作を手掛けてきた浅見。「プロジェクトの進行においては、<変革に向き合う情熱><賛同してくれる社内外のチーム><なぜWebが必要かという本質的な理由>を共有し、チーム一丸となることが重要です」と述べました。

ロフトワーク プロデューサー 浅見和彦

テーマ1:ICTを駆使した大学生活・教育体制の変化への取り組み

最初のプログラムでは、中央大学 情報環境整備センター事務部担当副部長の渡邉純一氏がプレゼンテーション。続いて、参加者同士がディスカッションしました。

提供する大学と使う学生の温度差(渡邉氏プレゼンテーションより)

中央大学 情報環境整備センター事務部担当副部長 渡邉 純一氏

ICTを構築する大学側は、システム、コンテンツを「基盤」「うわ物」に分けるところから、複雑な仕組みをイメージしがちです(下図)。

ところが、学生は使いやすい端末(スマホ、PC、タブレット)でアプリを使い学生生活をよりよくしたい、程度のイメージしか持っていません(下図)。

サービスを提供する大学側の考える仕組みは、実際は必要ないというケースが少なくありません。

大学でパソコンの充電ができれば……(学生)

教室や図書館、すべてのデスクに電源があり、パソコンを充電できれば幸せです。基本的な環境を、整えて欲しいと思っています。また、私たちの世代は、ビデオやオンラインで授業を受けることに慣れています。ビデオだと1.5倍速で見ることもありました。リアルの授業で先生が話すペースが、遅いと感じてしまう時も。つい、クリックして早まわししたくなってしまいますね(笑)。

昔は教職員にも“ワル”が多かった(渡邉氏)

1.5倍速で授業を受けたいなんて、ある意味今のルールにはないけれど、とてもおもしろい意見です。
大学のICTでは、ルールや決まりを守ることにばかり目が向いて、正しいと思った範囲までしか、考えない人が多いんです。「ルールを少しはみ出すけれど、うまく行くかもしれないからやってみよう!」と言える“ちょっと悪いヤツ”が求められています。

LINEをワークショップ形式の授業に活用(大学関係者)

ワークショップ形式の授業では、模造紙を使ってグループの意見をまとめます。しかし、人数が多いと、全員で紙を見ることが物理的に難しくなります。
本学では、200人近くが参加するワークショップで、LINEを活用しました。ワークで出た意見を写真に撮り、受講生が参加するLINEグループのアルバムにアップロードしました。スマホで全員が閲覧・投稿でき、情報はどんどん更新されていきます。
もちろん、2人だけスマホを持ってなかった、など難しい部分もありましたが、大変好評でした。

これから入学する学生は「大学は遅れている」と感じる(大学関係者)

小学校・中学校・高校では、電子黒板の導入が進められています。若い先生は、単に教材を映すだけでなく、電子黒板ならではの機能を活用した授業を始めています。そんな授業を受けた子どもたちが大学に入学すると、「大学は遅れている」と思うでしょう。

テーマ2:大学のオリジナルメディアの今

ICTに続くテーマは、企業でも大きな課題となっているオウンドメディアです。大学メディアの草分け「plum garden」(プラムガーデン)を運営する津田塾大学 学芸学部英文学科の郷路拓也准教授と、津田塾大学 国際関係学科生の大橋実結さんが、立ち上げの経緯と実際の運営について紹介しました。

津田塾大学 学芸学部英文学科 郷路 拓也准教授と国際関係学科生の大橋 実結さん

開始から1年半ながら、成熟したメディア運営に、参加者の皆さんは圧倒されたよう。ここでは、郷路准教授、大橋さんのプレゼンテーションを中心に紹介します。

「plum garden」(プラムガーデン)について

津田塾大学が2014年12月に開設した「オフィシャルウェブマガジン」。学生主体で編集部を組織し、毎週新たな記事をリリースしています。

エクスペリエンスを発信する大学メディア(郷路准教授プレゼンテーションより)

最初の課題は、公式サイトと新しいサイトの棲み分けでした。2つのサイトに同じ情報を載せることは、ユーザーと大学双方のムダになります。そこで、参考にしたのが企業のWebサイトです。

カメラ製品を取り扱うメーカーのサイトは、カメラの仕様、機能が網羅されたカタログです。対して、フォトヨドバシでは、スペック情報はごく一部に限られ、カメラを使った人の体験を中心につづられています。この棲み分け方は大学メディアでも可能です。公式サイトはカタログ、新しいサイトは学生や教職員の体験、エクスペリエンスを伝えるメディアとしました。学生から編集部員を募集し、記事の制作・編集・更新をゆだねています。プロへ依頼するには予算が足りませんし、そもそもエクスペリエンスを伝える役割には、学生こそが最適任です。

編集部を3つの局に分けて運営(大橋さんプレゼンテーションより)

編集部の任期は半年で、現在26人が在籍しています。半期ごとに入れ替えるのは、留学やインターンシップなど、学生が他にやりたいことを妨げないためです。文章をチェックする校閲局、写真の手配・撮影を担当する写真局、SNSでの告知やイベントを手がける広報局の3つに、組織を分けています。就活中に知った新聞社の組織を参考にしました。 毎週1回、昼休みに編集会議を行い、スケジュールや記事の企画について話し合っています。一方的に仕事を押しつけるのではなく、宿題を出して皆で同じテーマを考え、話し合うなど、会議でモチベーションが上がるよう工夫しています。

大学メディア運営で得た3つの成果(郷路准教授プレゼンテーションより)

まず、これまで大学広報で出てこなかったことに光が当たりました。例えば、大学職員はふだん目立たない存在ですが、プラムガーデンの記事にはたくさん登場しています。 また、プラムガーデンの記事が、学生や教職員の共通の話題になっています。共有できる人や建物があることで、私たちの間につながりができました。 文化をつくる効果もあります。学生たちは、「田舎の学校」「モテない」と、自虐的に津田塾大学を語ることが少なくありません。日本人らしい謙遜の美徳もありますが、「そんな風にばかり思わなくて良いんだよ」という役割を、プラムガーデンが担っています。 今回のテーマである「大学の価値」にもつながるのではないでしょうか。

情報発信を学生に任せる懐の深さ(大学関係者)

学生の目線を、大学運営に取り入れようという動きは、本学にもあります。しかし、高い自由度で運営を任せることは、先生方の懐が深くないとできないな、と感じました。

学生の入れ替わりで、むしろ良好な組織が維持される(ロフトワーク矢橋)

企業は、学校ほど人材の新陳代謝がありません。同じ人が同じ業務をすると、安定する反面停滞するリスクもあります。ですから、人事異動などで意図的に入れ替えが行われるわけです。 大学の学生は、確実に新陳代謝します。危うさでもあり、自動的に組織を維持する仕組みが整っているとも言えます。モチベーションやクオリティが途切れない仕掛けを、どのようにつくるかが重要だと感じました。

テーマ3:国際的な競争力醸成の取り組みとWebの活用

最後のプログラムは、ロフトワーク矢橋がファシリテート。「グローバル」のキーワードを中心に据え、フリートークで議論が交わされました。

ロフトワーク 取締役 兼 CMO 矢橋 友宏

日本の大学は世界で競争できる土俵に乗っていない(大学関係者)

政府は、日本の大学の「世界大学ランキング」を上げることを目標としています。しかし、現実には難しいことです。研究の成果は、人の質と量に依存します。米国は以前から、最近では中国やシンガポールでも、大学がガンガン人を雇っています。日本の大学は、たくさんの人で研究を回そうとはしていません。ランキングを上げるどころか、中国やシンガポールの大学に追い抜かれていく可能性があります。そんな中で、日本の大学でもグローバルに開かれた人材を育てることはできます。しかし、今の状況では、世界のより良い環境に学生を送り込む、予備校のような存在になってしまいます。

グローバル人材の育成システムはある。課題は発信すること(大学関係者)

本学では、アジアを視野に入れたグローバルな人材育成を目指しています。日本の学生が留学し、行き先の大学から留学生を受け入れています。
1年生の間に英語を徹底的に学習し、及第点を取れなければ留学もさせないので、語学のレベルは高いと言われています。こうした素材はあるのに、大学として上手に発信できていないことが課題です。

海外の協定校と学生レベルのオンラインイベントを開催(学生)

どの大学も、海外に協定校がたくさんあるのに、学生レベルで活用されていません。学生同士の交流が増やせないかと考え、スカイプで海外の大学の授業と、日本の授業をつなぐイベントを立ち上げました。
お堅いプログラムをつくろうとすると大変です。非公式でよいので、学生が企画を立て、ボーダレスな学びの場を増やしていきたいと。

世界中から優秀な学生が日本へ(ロフトワーク矢橋)

当社は岐阜県に「飛騨の森でクマは踊る」という関連会社を立ち上げました。5~6月には、飛騨の森林資源と伝統の組木技術、最先端のIoTを活用した、3週間のデザインキャンプ 「Smart Craft Studio Hida 2016」を開催。ニューヨーク、トロント、台湾から優秀な学生が参加してくれました。
インターンシップでも、日本の企業へ来る海外の学生が増えてきました。従業員100名前後しかいないロフトワークのような企業にも、ハーバードやスタンフォードなど、有名大学の学生が働きに来ています。

まとめ:これからの学びを考える

大学は、「教育を与える」という視点から、学生が主体的に「学ぶ」「学び合う」場に変わりつつあるようです。ICTは、その環境と仕組みを整えるひとつの手段。大学のグローバル化に目を向けることで、学びのスケールは拡大します。
もちろん、オンラインだけで学びは完結しません。学生や教員がコミュニケーションを深め、モチベーションを維持するにはリアルの場が必要です。学生が熱意を持って運営するプラムガーデンの事例には、大学の情報発信というだけでなく、これからの学びを考える上でも大きなヒントがあります。

▲クリックで拡大します。

コメント

blog comments powered by Disqus

次回セミナーのご案内

  • 19
    12月

ブランド価値再発見のためのXS(エクストラスモール)アプローチ

社内で生まれた新規事業やリニューアルのアイデアをいざ実際に始めようとしても、実現性や採算性を社内から問われプロジェクトが開始できない、という課題に頭を抱えていませんか? 様々な企業でイノベーションや新...

このイベントに申し込む

お申し込みを受け付けております。