Main menu

Hack Our City レポート前編 ─ 余白/クリエーションのフィールドを求めて
  • 2
    12月
  • 有料
  • 東京

終了しました

loftwork 3F

Hack Our City レポート前編 ─ 余白/クリエーションのフィールドを求めて

テキスト:藤末 萌
写真:萩原 楽太郎

Hack Our City レポート前編 ─ 余白/クリエーションのフィールドを求めて

こんにちは!フリーランスで建築系のパブリック・リレーションズやイベントマネジメントをしている藤末 萌です。12月2日に行われたイベント「HACK OUR CITY」に参加して、ボトムアップ型の都市づくりについて学び、まちを舞台にしたさまざまなプロジェクト事例や、ロフトワークがすすめるSHIBUYA HACK PROJECTを知ることのできるトークセッション、空想をドライブさせる思考実験ワークショップなど、5時間にわたって濃密なインプットが続くイベントとなりました。

誰のものかあいまいな公共空間をもう一度私たちの居場所へ。公共空間活用を夢だけで終わらせないヒントがいくつも見つかりました。当日の様子をレポートしたのでぜひご覧ください!

また、縁あってSHIBUYA HACK PROJECTについてインタビューする機会を頂き、ロフトワークが仕掛ける渋谷の新しい”都市づくり”と出会いました。ものづくりの精神が都市に展開した時、どんな化学反応がおこるんだろう?というワクワクを感じるロングインタビューとなっています。こちらもあわせてご覧ください。

常識のアップデートとロフトワーク的ハックのしくみ

パネルディスカッション、ケーススタディ、ワークショップの3部にわたって構成されるHACK OUR CITY。まずは林 千晶さん(ロフトワーク代表取締役)によるロフトワーク的「ハック」の思考についてのお話から始まりました。

ロフトワーク 代表取締役 林 千晶

ロフトワークでの仕事はいつも「常識の逆を提案してみる」ことからスタートします。例えば黒のオセロが敷かれた盤の状況を変えるためには、その隅を狙って白に裏返すことが必要。「できそうにない」「難しい」と思える事でも、重要な一点を見出し小さな変化から始めることで大きな転換へと繋げてきた、それこそがロフトワークのハックの精神だと語ります。

これまでの実践にもその精神は色濃くあらわれ、2011年からスタートしたFabCafeではカフェ事業の常識ではありえない、低い回転率(ワーキングスペースとして使われるので長時間在席している)×安い客単価(コーヒーを購入するだけでずっといられる)というモデルにも関わらず5年間で世界8拠点に展開するに至りました。

それは、FabCafeに集まるアイディアをもったクリエイターや企業と繋がり、コミュニティを育て、商品開発のためのコラボレーションを生むことを主軸においた事から始まった新しいビジネスモデルでした。現在のFabCafeの賑わいやそこから生まれたプロダクトの数々(360°book等)は御存知の通りで、カフェという事業をハックすることで渋谷のダイナミズムまでも変えてしまうほど。

一体なにが林さんの、そして協働する人たちの原動力になっているのか?その答えは「楽しさ」にあると、話は続きます。3Dプリンティング技術は今や実験ツールとしてだけではなく、最終製品としてアウトプットできるほどの機能を持つようになりました。ものづくりの主体は企業から個人へ移りつつあり、その質は上がり続けています。

個人それぞれの得意分野やアイディアが重なる時、楽しさが原動力となりコラボレーションが生まれ、新しいクリエイティビティとして発露する。そんな現場を数々見届け、いまも只中にいる林さんの「クリエイティビティは楽しさからしか生まれない」という力強い言葉はとても印象的でした。

現在は、人の社会的な役割が細分化を極めていることで、お金を介さないとその関係性が見えなくなっているという実感から、いかに社会の中に新しい互恵の関係を築けるか、という事への興味が広がっているそう。例えば、知恵を持ったお年寄り10人が集まった時の潜在的な可能性を考えてみる。それは超高齢化へ進む日本の未来への想像であり、SHIBUYA HACK PROJECTに対する示唆でもあります。

都市の余白を見出すこと、文脈を変えていくこと

次に登壇した馬場 正尊さん(オープン・エー代表/東北芸術工科大学教授/建築家)からは渋谷〜神田〜パブリックスペースへと自身の拠点と興味の変遷が話されました。

オープン・エー 代表 馬場 正尊

馬場さんは1990年代後半(199 8年創刊 -2002年)〜、中目黒に事務所を構え、渋谷周辺エリアで活動を始めました。ビットバレーと呼ばれ次々と大型書店が開店した時代、広告が作り出したまち「渋谷」はキラキラとして見えたそう。当時、建築と他カルチャーをフラットに扱う拠点として、渋谷は絶好のフィールドでした。しかし、次第にまちの主役の若年化が進み、段々と息苦しさを覚えるようになったと語ります。

転機となったのは2003年のロサンゼルスへの取材旅行でした。若者たちが空きビルを彼らのセンスで利活用している状況を目の当たりにし、自身も新しい東京の余白を見つけたい、という気持ちを原動力に東京R不動産を立ち上げます。同時に、空きビルの目立っていた神田へ事務所も移転。東東京の空きビルを活用したアートイベント「Central East Tokyo」ではアーティストと借り手をさがすビルオーナーを繋げ、アートイベントで人を呼ぶことで空きビルの内覧会にもなるという仕掛けを作り出しました。

また、リノベーション事業も積極的に手がけるように。「都市の文脈を変えていくことが楽しかった」という言葉は、当時の状況をみると、都市のハード(空きビル、空き室、リノベーションで価値を向上させられるもの)に余地があったからこそとも言えます。次にもし神田から事務所を移転するなら、と考えた時、実は東京にはもう余地が無いように思えたと語る馬場さん。

『RePUBLIC 公共空間のリノベーション』(学芸出版,2013) 馬場さんセッション資料より引用

次なるフィールドとして見つけ出したのは公共空間のリノベーション(=REPUBLIC DESIGN)でした。パブリックとプライベートの間に横たわるレイヤーを余白としてとらえ、空間の専門家として介入し、「公共空間を大事にしすぎて何もできない」状況の転換を試みています。

NYタイムズスクエア(ブロードウェイ)では道路を車両通行止め・歩行者専用空間として公園的に使うことでエリアとしての価値が急騰したといいます。NYでできるなら東京でも、日本でも。2040年問題=シンギュラリティを超えた時、人間はこれまでにない程余暇を持てるようになる、と仮定すると家の外で過ごすための豊かなパブリックスペースは一層求められることになるでしょう。

Panel Discussion - 渋谷ほぼ全域ホコ天計画

もし渋谷の公道を歩行者空間として開放したら?「渋谷ほぼ全域ホコ天計画」という馬場さんからの問いかけをテーマとして、林さん・馬場さんのパネルディスカッションが始まりました。

出張で訪れた中国・成都での楽しそうなパブリックスペースの使われ方に衝撃を受けたという林さん。沢山の人が食べたりお喋りしたり踊ったり、自分の場所として振る舞っている状況と比べると、日本はまだまだ規制が厳しくパブリックとプライベートの切り分けが強いと感じられます。既存のルールを全否定せず、これからの社会にフィットする都市のあり方を考えるならば、週末だけ一部をホコ天として試行してみるなど、アプローチの仕方にもアイディアが必要になりそうです。

馬場さんからも、既存ルールを肯定的に読み込んだ上で変化をうながす重要性が語られました。東京R不動産では立ち上げ時からゴールが見えていたわけではなく、生み出そうとするプロセスの中にこそドライブの種があり、今に繋がっている、とのこと。これは、とびきり楽しい一方で、事業性が低い(ように見える)提案や新しすぎて成果を想像しにくい提案をすすめるロフトワークとクライアント企業の実践にも通じています。

馬場さんからは、これまで企業は大きな全体もつことで社会の立ち位置を得てきましたが、小さなプロジェクトの集合体が企業、という発想の転換ができればこれからの社会や都市の機微に(個人レベルだけでなく)企業ももっと寄り添うことができるはず、という提案もありました。

林さんはFabCafeの海外展開が8拠点それぞれの立ち上げ方をした事を引き合いに、状況も運営者も異なる各都市では5つのビジネススキーム、5つの始め方のバランス、各々の重ね方の設計があったと話します。グローバル化へのフレームワーク作りは始まったばかり。馬場さんはこれを「ローカライズへの挑戦」と表現しながら、日本に根付根付かせる視点と世界へ展開していく視点の両方を持ち合わせる事の重要性を指摘します。

突拍子もなく聞こえた「渋谷ほぼ全域ホコ天計画」ですが、オリンピックに向けた気運やいま渋谷で点的に起きているアクティビティが面的につながり展開した先の出来事であると思えば、実現に必要なカードの一部は既に見えているのかもしれない・・という気持ちになってきます。今は何だソレは?と思われてしまうようなアイディアでも、アクションを起こせば未来は作られていく。二人の実践に裏打ちされた肌感覚を知るパネルディスカッションとなりました。

コメント

blog comments powered by Disqus

次回セミナーのご案内

  • 3
    3月

京都精華大学ポピュラーカルチャー学部オープン講義

MTRL KYOTO より 本講義は、昨年に引き続き行われる、京都精華大学ポピュラーカルチャー学部2回生・3回生を対象とした「制作実務研修」講義のうち最終日のプログラムを学外の方も参加できるようにし...

このイベントに申し込む

お申し込みを受け付けております。