Main menu

経営×デザイン - 価値創造のための

経営×デザイン

受付終了

開催日
2017年03月02日 (木)
場所
TRUNK (HOTEL) 開業準備室
参加費
有料
  • 2
    3月
  • 有料
  • 東京

受付は終了しました

    経営×デザイン - 価値創造のための"DESIGN"とは

    なぜ今、経営にデザインが必要だとされているのでしょうか。
    イノベーション創出の方法としてデザイン思考が注目を集める一方で、デザインの定義そのものも更新されています。
    既成の枠組みでの解決策ではなく、正しい問い自体を発見すること。答えに至る効率的な道筋ではなく、豊かな余白を設計すること。既知の要素の組合せではなく、未知の発見によって視座を変容させること。

    本カンファレンスでは、イノベーション創出において実践知をもつゲストスピーカーを招聘。日本企業の今への問題提起、経営とデザインの関係性の進化と未来について、新たな価値創造に挑むリーダーの皆さんと共に考えます。
    新たな価値創造における大きな2つのテーマセッション、Value Discovery「アブダクション思考と価値発見」と、Prototyping「仮説検証とシステム」 では、インタラクティブな議論、体験を通し学びを深めていきます。

    登壇者

    梅澤 高明
    梅澤 高明
    佐宗邦威
    佐宗 邦威
    『WIRED』  日本版 編集長 若林 恵
    若林 恵
    諏訪光洋
    諏訪 光洋
    Chiaki Hayashi
    林 千晶
    Hiroki Tanahashi
    棚橋 弘季
    君塚美香
    君塚 美香
    hajime matsui
    松井 創
    Toshimasa Kawai
    川井 敏昌

    開催概要

    タイトル  経営×デザイン
     - 価値創造のための"DESIGN"とは
    日時 2017年3月2日(木)13:00〜19:30 (12:30 開場)
    場所 TRUNK (HOTEL) 開業準備室 [最寄り駅:表参道駅 徒歩5分]
    東京都港区北青山3-5-12 青山クリスタルビルB2
    対象 ・デザイン思考、UXを自社の経営や事業戦略に導入したい企業の経営者、事業責任者
    ・大手企業の経営者層、新規事業責任者
    参加費 15,000円
    定員 60名
    主催 株式会社ロフトワーク
    ご注意 ・申込者多数の場合は、抽選となりますので予めご容赦ください。
    ・広告代理店など受託業務に携わる方のお申し込みはお断りすることがございますので予めご了承ください。
    ・参加者の皆さんのお写真や発表いただく内容は、後日弊社サイトに掲載いたします。
    ・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
    ・申込完了メールは、フォーム入力のメールアドレスでなくPeatixアカウント登録のメールアドレスに送付されます。
    ・決済完了をもって申込受付となります。お支払い前に定員に達した場合は、参加ができなくなりますので
    ATMやコンビニ決済選択の方はすみやかにお支払いをお願いします。
    ・キャンセルをご希望の場合はPeatix「主催者へ連絡」よりご一報ください。
    2/24までにご連絡いただいた場合は、返金させていただきます。

    お申し込みは終了しました。

    プログラム

    • 13:00
      |
      13:40

      Opening Talk「何故、今経営にデザインが必要なのか」

      デザインとは何か。何故いま、多くの企業経営層にまで注目を集め始めているのか。
      世界有数のグローバルな経営コンサルティングファームの日本法人会長である梅澤氏と、WIRED日本版の編集長若林氏の2人をゲストに招聘。ロフトワーク代表林がモデレーターを務め、経営とデザインをテーマに現在の日本が抱える課題や目指すべき方向性などを議論、問題提起していきます。
      梅澤 高明
      • A.T. カーニー
      • 日本法人会長
      • 梅澤 高明
      『WIRED』  日本版 編集長 若林 恵
      • 『WIRED』 日本版 編集長
      • 若林 恵
      Chiaki Hayashi
      • 株式会社ロフトワーク
      • 代表取締役
      • 林 千晶
    • 13:40
      |
      14:10

      Keynote「経営×デザイン」

      デザインの領域は思考、プロセス、チーム、システムへとひろがりをみせている。企業が新しい価値を創造ためには、どのような視座で取り組み、どう評価すべきなのか?
      経営×デザインの関係の進化、日本企業がイノベーションに向き合うために必要なシステムの在り方と評価軸について最先端の事例も交えご紹介いただきます。
      佐宗邦威
      • 株式会社biotope
      • 取締役社長
      • 佐宗 邦威
    • 14:10
      |
      14:20

      Break

    • 14:20
      |
      16:20

      Session1 Value Discovery「アブダクション思考と価値発見」

      イノベーション、新しい価値創造のために、リーダーが身につけるべき視座や、視点の持ち方を講義と実践を交えて理解を深めていきます。従来の社会常識や既知の知に囚われず、いかに新たな視点で発想して価値発見できるか。仮説形成のための推論法とされるアブダクション思考を基礎に、未来の価値に繋がる未知との向き合い方を学びます。
      Hiroki Tanahashi
      • 株式会社ロフトワーク
      • イノベーションメーカー
      • 棚橋 弘季
      君塚美香
      • 株式会社ロフトワーク
      • マーケティング / ビジネスストラテジーエヴァンジェリスト
      • 君塚 美香
    • 16:20
      |
      16:40

      Break

    • 16:40
      |
      17:30

      Session2 Prototyping「仮説検証とシステム」

      新たな価値発見のみに終わらず、いかに実社会での実現に繋げられるか。多くの企業でも新規事業の種として、新たな仮説(価値)を発見したにも関わらず、実現に至らないケースがあるようです。企業のマネジメントやリーダー層は、既存のシステムでは理解の難しい「新事業の種」とどう向き合うべきか。実践し得る、仮説検証を繰り返し、価値創造実現の可能性を拡げるシステムとは何かを考えるセッションです。
      Toshimasa Kawai
      • 株式会社ロフトワーク
      • FabCafe LLP COO
      • 川井 敏昌
      hajime matsui
      • 株式会社ロフトワーク
      • プロデューサー
      • 松井 創
    • 17:30
      |
      18:30

      Summary discussion 「価値創造のためのデザインとは」

      Keynoteと2つのSessionを経て得た経験や知見を、冒頭で登壇いただいた梅澤氏、佐宗氏、林を再びナビゲーターとして招き、改めて参加者とともに議論。リーダー層が身につけるべきデザインへの理解を更に深めていきます。
      梅澤 高明
      • A.T. カーニー
      • 日本法人会長
      • 梅澤 高明
      佐宗邦威
      • 株式会社biotope
      • 取締役社長
      • 佐宗 邦威
      Chiaki Hayashi
      • 株式会社ロフトワーク
      • 代表取締役
      • 林 千晶
    • 18:30
      |
      18:45

      Closing Talk

      諏訪光洋
      • 株式会社ロフトワーク
      • 代表取締役社長
      • 諏訪 光洋
    • 18:45
      |
      19:30

      Networking

      *一部内容・時間・登壇者等は変更の可能性があります

    お申し込みは終了しました。

    登壇者

    梅澤 高明

    A.T. カーニー
    日本法人会長
    梅澤 高明

    東京大学法学部卒業、マサチューセッツ工科大学(MIT)経営学修士。日産自動車を経て、A.T. カーニー入社。日米で20年にわたり、戦略・イノベーション・マーケティング・組織関連のコンサルティングを実施。テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」コメンテーター。クールジャパン関連の政府委員会で委員を歴任、「クールジャパン機構」設立を支援。東京オリパラ組織委員会「テクノロジー諮問委員会」委員。「NEXTOKYO Project」を主宰し、東京の将来ビジョン・特区構想を産業界・政府に提言。

    佐宗邦威

    株式会社biotope
    取締役社長
    佐宗 邦威

    東京大学法学部卒。イリノイ工科大学デザイン学科(Master of Design Methods)修士課程修了。P&Gにて、ファブリーズ、レノアなどのヒット商品のマーケティングを手がけた後、ジレットのブランドマネージャーを務めた。ヒューマンバリュー社を経て、ソニー(株)クリエイティブセンター全社の新規事業創出プログラム(Sony Seed Acceleration Program)の立ち上げなどに携わった後、独立。B to C消費財のブランドデザインや、ハイテクR&Dのコンセプトデザインやサービスデザインプロジェクトを得意としている。「21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由」著者。京都造形芸術大学創造学習センター客員教授。

    『WIRED』  日本版 編集長 若林 恵

    『WIRED』 日本版 編集長
    若林 恵

    1971年生まれ、ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学 第一文学部 フランス文学科卒業。 大学卒業後、平凡社に入社。『月刊 太陽』の編集部スタッフとして、日本の伝統文化から料理、建築、デザイン、文学などカルチャー全般に関わる記事の編集に携わる。2000年にフリー編集者として独立し、以後、『Esquire日本版』『TITLE』『LIVING DESIGN』『BRUTUS』『GQ JAPAN』などの雑誌、企業や大使館などのためのフリーペーパー、企業広報誌の編集制作などを行ってきたほか、展覧会の図録や書籍の編集も数多く手がけている。また、音楽ジャーナリストとして『intoxicate』『MUSIC MAGAZINE』『CD Journal』等の雑誌で、フリージャズからK-POPまで、広範なジャンルの音楽記事を手がけており、近年では音楽レーベルのコンサルティングなども行っている。

    諏訪光洋

    株式会社ロフトワーク
    代表取締役社長
    諏訪 光洋

    1971年米国サンディエゴ生まれ。
    慶応大学総合政策学部(SFC)を卒業後、JapanTimes社が設立したFMラジオ局「InterFM」(FMインターウェーブ株式会社)立ち上げに参画。クリエイティブ業務を経た後、同局最初のクリエイティブディレクターへ就任。1997年渡米。School of Visual Arts Digital Arts専攻を経て、NYでデザイナーとして活動。2000年にロフトワークを起業。

    Chiaki Hayashi

    株式会社ロフトワーク
    代表取締役
    林 千晶

    1971年生、アラブ首長国育ち。2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、ロフトワークが手がけるプロジェクトは年間530件を超える。書籍『シェアをデザインする』『Webプロジェクトマネジメント標準』『グローバル・プロジェクトマネジメント』などを執筆。2015年4月、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す「株式会社飛騨の森でクマは踊る」を設立、代表取締役社長に就任。

    Hiroki Tanahashi

    株式会社ロフトワーク
    イノベーションメーカー
    棚橋 弘季

    芝浦工業大学卒業後、マーケティングリサーチの仕事を経て、1999年頃よりWeb制作の仕事に携わるように。2004年からは株式会社ミツエーリンクスにてWeb戦略立案や人間中心設計によるコンサルティング業務に従事。 2008年からは仕事の対象をWebからプロダクト/サービスへとシフトし、株式会社イードにてユーザーリサーチやインタラクションデザインに関するコンサルティングを経て、2009年株式会社コプロシステムにてクライアント企業のための新規商品/サービス開発支援業務や社内イノベーター育成のための教育プログラムの提供などを行う。 2013年にロフトワーク入社。サービスデザインの領域を中心に、クライアントのビジネス活動にイノベーションを実現するための支援業務を担当する。

    君塚美香

    株式会社ロフトワーク
    マーケティング / ビジネスストラテジーエヴァンジェリスト
    君塚 美香

    茨城大学理学部卒業後、ソフトウェアハウスにてSE、SIの経験を積む。2003年に現KDDI ウェブコミュニケーションズに入社し、ゼネラルマネージャーとして20名のマーケティングチームを統括。現在は、ロフトワークマーケティングdivにて、これまでの多岐にわたる職種経験を活かし、パートナーとのアライアンス業務のほか、BtoC案件のプランニングやプロデュースなどゼネラリストとして活動中。

    hajime matsui

    株式会社ロフトワーク
    プロデューサー
    松井 創

    千葉大学工学部卒。ポータルサイト運営会社を経て2012年にロフトワーク入社。マーケティングdiv.にてWebサイトや企業の新製品・新サービスのコンセプト策定、建築空間・コミュニティの計画からコミュニケーション戦略まで幅広くプロデュース。新しいものをつくること、ものづくりが好き。あだ名は、はじめちゃん。

    Toshimasa Kawai

    株式会社ロフトワーク
    FabCafe LLP COO
    川井 敏昌

    外資系企業にてクリエイティブ分野の人材コンサルティングサービスを提供する一方、メーカーとのブランド開発、商品開発のコーディネーターとして経験を積む。2006年にロフトワークに参加し、クリエイティブdivのリーダーとして大規模サイトやコンテンツ開発プロジェクトを手がける。その後、2009年より3年間シンガポールの広告代理店でデジタルストラテジックプランナーとしてアジアパシフィックのプロモーション企画を担当。2012年3月FabCafe参加のため日本へ帰国。

    お申し込みは終了しました。

    地図・アクセス

    お申し込みは終了しました。