Main menu

土肥裕司:光で創るメッセージのある写真 〜フィールドワーカーのための写真講座Vol.2

土肥裕司:光で創るメッセージのある写真 〜フィールドワーカーのための写真講座Vol.2

セミナー終了

開催日
2017年03月18日 (土)
場所
loftwork COOOP
参加費
有料
  • 18
    3月
  • 有料
  • 東京

終了しました

    土肥裕司:光で創るメッセージのある写真 〜フィールドワーカーのための写真講座Vol.2

    土肥裕司:光で創るメッセージのある写真
    〜フィールドワーカーのための写真講座Vol.2

    積極的なコントロールを行うことで“メッセージのある写真”を撮影するテクニックを学ぶ

    製品やサービスデザインを行う手段である”フィールドワーク”の”撮影”に着目した写真講座「フィールドワーカーのための撮影」。2016年9月に「観察と撮影」ワークショップを行い、写真における構図や光、ストーリーに着眼することを習得しました。

    今回は、そのテクニックを更に推し進め、積極的なコントロールを行うことで、“メッセージのある写真”を撮影するテクニックを学んでいきます。

    テーマ「光をコントロールしてメッセージのある写真を撮る」

    カリキュラムは、講座と実習の二部構成で行われます。(下記、詳細参照)

    ・人は何に共感するのか?
    ・光がメッセージとなるロジック
    ・光をコントロールする

    など、漠然と撮影していたものを、自覚すること、さらにコントロールする方法を“マインド”と“技法”の2つのポイントで学んでいきます。

    講師は前回に引き続き、フォトグラファー/阿佐ヶ谷美術学校非常勤講師の土肥裕司さん。分かりやすい講義と柔らかな雰囲気で、写真を撮る楽しみを伝導していただきます。

    カリキュラム

    講義:「写真で伝わるメッセージとは?
     ・人は何に共感するのか?
     ・写真は視覚情報に限定して伝える(音も触感も味も臭いも無い)
     ・視覚において光はメッセージの源
     ・光の選び方でこれだけ違う
     ・光のメッセージ性を考える
     ・光の選び方

    ワーク1:「光をコントロールしよう」
     ・まずはレフ板から
     ・光源を知る
     ・ライトを使う
     ・光の色の話
     ・優しさと強さのコントロール
     ・それらによるメッセージ(ストーリー)の変化の話。

    ワーク2:「カメラをコントールしょう」
     ・カメラには2つのA(オート)がある
     ・露出による表現
     ・絞りとシャッタースピードと感度
     ・光源と色温度の関係とカメラのセッティング
     ・三脚の勧め

    登壇者

    土肥 裕司
    土肥 裕司

    開催概要

    セミナータイトル 土肥裕司:光で創るメッセージのある写真 〜フィールドワーカーのための写真講座Vol.2
    開催日時 2017年3月18(土)13:00-18:00
    場所 loftwork COOOP
    ロフトーワーク渋谷10F
    東京都渋谷区道玄坂 1-22-7道玄坂ピア10F
    対象 ・写真をよく撮るが設定や画作りを感覚的に行っている人
    ・リサーチャーやインタビュワーで資料に写真をよく撮る人
    ・クリエイターやディレクターで写真の技術を向上させたい人

    ◎カメラを持参してください。
    ※「自身で操作できる前提で持参ください(使い方をフォローできない場合があります)」
     - 一眼レフカメラ(&交換用レンズ)
     - ミラーレス一眼レフ(&交換用レンズ)
     - コンパクトデジタルカメラ(しぼりとシャッタースピードを設定できるもの)
    参加費 4,000円 ※教材費込/領収書可
    定員 30名
    主催 OpenCU

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

    講師

    土肥 裕司

    プロカメラマン/阿佐ヶ谷芸術専門学校講師
    土肥 裕司

    1963年生まれ。1990年代よりフリーカメラマンとして雑誌や広告などの媒体で活動。それと平行し、修行と称し専門性の強いジャンルを渡り歩いた結果、特に建築写真、ビューティ(人物)、商品撮影(化粧品等)で多くの経験を積む。また、テレビ東京TVチャンピオン「ヘアスタイル」「特殊メイク」にて審査員を担当するなど活動は多岐に渡る。現在、母校でもある阿佐ヶ谷美術専門学校にて講師を務める。写真関連の書籍の執筆にも多く関わり、『もっと写真構図のルールブック』(マイナビ刊)ではメインの執筆を担当。単著としての最新刊は自身のフィールドワークから生まれた『東京周辺 建築でめぐるひとり美術館』(ジービー刊)

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

    地図・アクセス

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。