Main menu

既存技術・製品に新たな価値を見つけて拡げる コミュニティ戦略の実践方法

既存技術・製品に新たな価値を見つけて拡げる コミュニティ戦略の実践方法

セミナー終了

開催日
2017年07月21日 (金)
場所
loftwork COOOP10
参加費
無料
  • 21
    7月
  • 無料
  • 東京

終了しました

    既存技術・製品に新たな価値を見つけて拡げる コミュニティ戦略の実践方法

    先進的な技術や製品スペックだけでは、ユーザーは選択しない。 今は、技術や製品の利用を通して得られるもの、またはその過程の体験が求められてきています。

    しかし、提供価値が明確に定義されないまま、技術や製品が開発されてしまったという課題もよく聞きます。既存の技術や製品の価値を改めて模索したり、どのように市場に広めるかを悩んでいる担当者の方も多いのではないでしょうか?

    そこで本イベントでは、すでにある技術や製品の新たな価値をユーザーの視点から再発見し、検証しながら深め、市場に拡めていく方法をとりあげます。

    ・クリエイターとラボを設立し価値の再発見
    ・対象ユーザーとのアイディエーション
    ・フィールドリサーチを通した検証
    ・ミートアップイベント、ハッカソンで利用用途の発掘
    ・ターゲットに拡げるためのデジタルコミュニケーション
    ・リアルな場での展示 など

    従来のマーケティングやブランド戦略とは異なる、企業とユーザーとの共創を通した新たなアプローチをご紹介していきます。

    こんな方におすすめ

    ・既存技術や製品の新たな価値を発見し、機会領域を拡げたい
    ・BtoBからBtoCへの方針転換を検討している
    ・共創を軸としたマーケティング・ブランドコミュニケーションを実現したい
    ・研究技術の社会実装をしたい

    登壇者

    Takashi Shirae
    白江 崇志
    Ryoko Iwasaki
    岩崎 諒子
    Yu Shigematsu
    重松 佑

    開催概要

    セミナータイトル 既存技術・製品に新たな価値を見つけて拡げるコミュニティ戦略の実践方法
    開催日時 2017年7月21日(金)15:00−18:00(受付 14:45)
    場所 loftwork COOOP10
    ロフトーワーク渋谷10F
    東京都渋谷区道玄坂 1-22-7 道玄坂ピア10F
    対象 ・メーカー企業や大学研究機関
    ・経営企画、新規事業、R&D、事業開発、マーケティング、プロモーションなどに関わる方
    参加費 無料
    定員 30名
    ご注意 ・広告代理店や制作会社など受託業務に携わる方のお申し込みはご遠慮ください。参加をお断りする場合がありますので、ご了承ください。
    ・参加者の皆さんのお写真や発表内容は、後日弊社サイトに掲載いたします。
    ・申込者多数の場合は、抽選となりますので予めご容赦ください。
    ・プログラムは、予告なく変更される場合があります。

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

    プログラム

    • 15:00
      |
      15:30

      既存技術・製品の新たな価値をみつけて、育てるには?

      • メーカーとユーザーがフラットに考える既存技術・製品の新たな価値
      • 機会領域の発見と検証
      • 価値を深め、拡げるコミュニティ
      Takashi Shirae
      • 株式会社ロフトワーク
      • プロデューサー
      • 白江 崇志
    • 15:30
      |
      16:10

      ユーザーと共創する、コミュニティのつくり方

      モデレーター:ロフトワーク マーケティング 岩沢エリ

      • どうすれば、ユーザーと一緒に自社プロダクトを育てられるのか?
      • ファンマーケティングとものづくりコミュニティの相違
      • デジタルとリアル両面からのコミュニケーション設計
      • Case Study:ブラザー販売株式会社
      Ryoko Iwasaki
      • 株式会社ロフトワーク
      • パブリックリレーションズ / 『loftwork.com』 編集
      • 岩崎 諒子
    • 16:10
      |
      17:10

      Workshop|視点を変えて新しい可能性に出会う、発想ワーク 

      • 既成概念に囚われず、新たな可能性を拡げるには?
      • リフレーミング手法を活用した、発想ワークの体験
      Yu Shigematsu
      • 株式会社ロフトワーク
      • クリエイティブDiv. シニアディレクター
      • 重松 佑
    • 17:10
      |
      17:20

      Summary & Closing

      • 全体の総括
    • 17:20
      |
      18:00

      ネットワーキング/見学ツアー

      • 名刺交換、活動紹介などご自由に交流いただけます
      • ロフトワークのコミュニティ空間見学ツアー *希望者のみ
      • 相談会 *希望者のみ

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

    登壇者

    Takashi Shirae

    株式会社ロフトワーク
    プロデューサー
    白江 崇志

    UIデザイナー・プログラマ・CGクリエイターとしてコンシューマ向けゲームやWEBなどの分野で活動後、スタートアップ企業のコアメンバーとして新規事業の立ち上げに従事。その後、外資系出版社でのデジタル事業立ち上げを経て、2016年にロフトワーク入社。プロデューサーとしてプロジェクトの設計に関わりつつ、現在もプログラマ・映像クリエイターとして活動中。常に自分が参加する側としてコミュニティやイベント、アワードなどのあり方を考えている。好きなものは3Dモデリング・モーショングラフィックス・WebGL・リアルタイムの映像加工など。

    Ryoko Iwasaki

    株式会社ロフトワーク
    パブリックリレーションズ / 『loftwork.com』 編集
    岩崎 諒子

    大学卒業後、インテリア販売会社に就職。2006年にロフトワーク入社。アシスタントディレクターを経て、クリエイターコミュニティ「ロフトワークドットコム」の運営を担当。サイトコンテンツの執筆・編集から、クリエイターとのコラボレーションイベントの企画・運営をてがける。

    Yu Shigematsu

    株式会社ロフトワーク
    クリエイティブDiv. シニアディレクター
    重松 佑

    日本大学芸術学部映画学科卒業後、映像業界を経てディレクターとしてWeb業界へ。企画提案、コーポレートサイト制作、スマートフォン制作、アプリ制作など幅広く制作に携わる。2012年ロフトワークに入社。企画・取材の提案から、ワークショップの設計などを得意とする提案型のディレクター。ミュージックビデオなどの映像作家としても(ときどき)活動中。

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

    地図・アクセス

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。