Main menu

解体新所#06 LODGE 植田裕司 × WORKMILL 山田雄介《働き方と場所》

解体新所#06 LODGE 植田裕司 × WORKMILL 山田雄介《働き方と場所》

セミナー終了

開催日
2017年11月07日 (火)
場所
100BANCH(ヒャクバンチ)
参加費
有料
  • 7
    11月
  • 有料
  • 東京

終了しました

    解体新所#06 LODGE 植田裕司 × WORKMILL 山田雄介《働き方と場所》

    本プログラムは、“空間”と“エクスペリエンス設計”の実験サイトLAYOUT.net(運営:ロフトワーク)が主催する、イベントの転載です。

    共創の場としてアップデートされるコワーキングスペース
    現在とその先を、二人の実践者と共に解体していきます

    コワーキングブームの「黒船」とも言われるWeWorkの日本進出、そして大企業や大手デベロッパーが続々とコワーキングをオープンさせている現在、改めて”コワーキング・スペース”とは、いったい何ものなのかを考察してみたいと思います。

    この新しいスペースの活況の背景には、起業家ニーズへの対応や、小人数のプロジェクトチームでの仕事の増加、ノマドワーカーと言われる人種の登場などがあるとされています。
    ただし、コワーキングの英語表記はCo-Working、これは「共に」を意味する「Co.」であり、個々人がバラバラに作業をするだけの”個ワーク”の場とは限りません。

    LODGE -Yahoo! JAPANのオフィス内に誕生した日本最大級のコワーキングスペース-

    2016年、ヤフー株式会社がオフィスの移転に伴いコワーキンスペースLODGEをオープンしました。総面積1,330平方メートルに及び、国内最大級といわれているLODGEは、社員のみの使用に限らず、立ち寄り利用は誰でも可能で、利用に際しての会員登録なども不要。「これからの働き方を大きく変えていく」というヤフー株式会社の本気が伝わる取り組みです。

    コワーキングの議論は、組織の働き方の改革も相まって、共創の場としての働く場のアップデートであるとも言われています。他方、コワーキング自体も社会において、そのポジションは確定しておらず、議論され続けている進化の真っ只中。この未詳の場は、いったいどこへ向かっていくのでしょう。そして未来の私たちの働く場とは、どのように変化していくのでしょうか。

    今回、数々のコワーキング・スペースを調査しながら、LODGEをゼロから立ち上げ、運営の責任者でもある植田裕司氏(ヤフー株式会社)と世界中のコワーキング・スペースと新しい働き方、そして場づくりをリサーチしているWORK MILL 山田雄介氏(岡村製作所)を招き、二人の視点を解体しながら、この「問い」を探求します。

    プログラム

    ▶オープニング
    ▶プレゼン
     「LODGEの挑戦」 by 植田裕司(ヤフージャパン/ワーク推進部部長 兼 オープンイノベーションユニットLODGEサービスマネージャー)
     「事例で見るコワーキングの今」 by 山田雄介(WORKMILL/岡村製作所)
     質疑応答
    ▶トーク・セッション:「コワーキングの未来」
     植田裕司×山田雄介
     モデレーター:松井創(ロフトワーク/プロデューサー)
    ▶ネットワーキング

    会場は、パナソニック株式会社と株式会社ロフトワーク、カフェカンパニー株式会社が渋谷駅南口にオープン(2017年7月)する実験区「100BANCH」。できたての100BANCHで、「本質的に《創造的》とはどういうこと?」「デザインとアートがそれぞれできることは?」「仕事としてのクリエイティブの役割とは?」など、場と創造性について一歩踏み込んだ話をしてみませんか。

    100BANCHは、世代や分野を越えた活動に没頭するための実験基地。既成概念にとらわれない独自の視点で問題を提起し、 無意味、不可能だと思われている領域での価値創造に挑む、野心的なプロジェクトを支援します。
    100BANCHのfacebookページ:https://www.facebook.com/100banch/

    登壇者

    山田 雄介
    山田 雄介
    hajimematsui_sq
    松井 創
    植田 裕司
    植田 裕司

    開催概要

    イベントタイトル 解体新所#06 LODGE 植田裕司 × WORKMILL 山田雄介《働き方と場所》
    開催日時 2017年11月7日(火)19:30-21:30
    場所 100BANCH(ヒャクバンチ)3F Loft
    150-0002 東京都渋谷区渋谷3-27-1 3F
    対象 ・コワーキング・スペースを知りたい、考えたいヒト
    ・共創の場をつくってみたい、現状を変えたいヒト
    ・企業とオープンスペースの可能性を模索しているヒト
    参加費 1,500円
    ※ワンドリンク付き/領収書発行
    ※学生は無料となります。学生チケットを選択ください。
    定員 50名
    主催 LAYOUT

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

    登壇者

    山田 雄介

    株式会社岡村製作所
    WORK MILL ワークプレイスストラテジスト
    山田 雄介

    大学で建築学を専攻。住宅メーカーにて住環境のプロデュース企画を経て、岡村製作所に入社。国内外の先進ワークトレンド調査・研究、次世代ワークプレイスコンセプト開発に従事し、オフィス環境を企業戦略、社会的視点から考察する。一級建築士
    http://workmill.jp/webzine

    hajimematsui_sq

    株式会社ロフトワーク
    Layout Unit CLO(Chief Layout Officer)
    松井 創

    千葉大学工学部卒。ポータルサイト運営会社を経て2012年にロフトワーク入社。マーケティングdiv.にてWebサイトや企業の新製品・新サービスのコンセプト策定、建築空間・コミュニティの計画からコミュニケーション戦略まで幅広くプロデュース。新しいものをつくること、ものづくりが好き。あだ名は、はじめちゃん。

    植田 裕司

    ヤフー株式会社
    コワーク推進部部長 兼 オープンイノベーションユニットLODGEサービスマネージャー
    植田 裕司

    大学院にて情報通信工学を学びヤフーに新卒入手。テレビ向けサービスや、Yahoo! JAPANアプリの開発、マネジメントの後、LODGEの立ち上げに参画、現在は運営に携わり、社内外のコラボレーション企画の創出を行っている。

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

    地図・アクセス

    本セミナーは終了しました。次回セミナーのご出席をお待ちしています。

    LAYOUT.net トークシリーズ企画  「解体新所―まだ名前のない《場》を科学する」

    illustration by Jun Oson

    ワークスペース、カフェ、滞在施設、公共空間、居住空間など、今、あらゆる用途の空間で創発的な場づくりに注目が集まっています。それは、人や知恵すら効果的にネットワーク化したがる時代のオーダーかもしれません。あるいは、効率的に再編されすぎた社会の中で、オルタナティブな居場所や共同体、価値観を取り戻そうとする人々の意思かもしれません。

    いずれにしろ、人と人が繋がり、知恵を交換し、新しい活動を続々と生む創発的な《場》を、なんと呼べばいいのか、わたしたちはまだ知らないのではないでしょうか。そしてそのつくり方も。

    「解体新所―まだ名前のない《場》を科学する」は、そんな《場》の構造について、各分野の実践者とロフトワークの空間系プロデューサー・松井創が考察する対談シリーズです。

    *解体新所の着眼点
    ・ヒトや知恵が循環する場とは何か?
    ・ 価値観を揺さぶるような出会いを生む場とは?
    ・コラボレーションが生まれる場に仕掛けは必要か?
    ・オープンで居心地の良い場の条件とは?
    ・なぜ今、創発的な場づくりが求められているのか?

    *過去の開催実績
    #01 寺井元一《場とアソシエーションデザイン》MAD Cityプロジェクト
    #02 伊東勝、山本力矢《地域×企業のやわらかな関係》SHIBAURA HOUSE
    #03 青木純 《エリアリノベーション×暮らし方》南池袋公園
    #04 松本理寿輝 《地域資源としての保育園》
    #05 北澤潤《日常を揺さぶる場のデザイン》



    ORGANIZER / SPONSOR

    layout

    LAYOUT

    「“空間”と“エクスペリエンス設計”の実験サイト|LAYOUT.net」は、株式会社ロフトワークが運営する、Webメディアです。空間の在り方、そこで行われるアクションなどのUX(ユーザー・エクスペリエンス)について、実践者へのインタビュー、イベントを行い、記事として紹介しています。2014年7月始動。

    http://layout.net/