Main menu

Visit loftwork  - プロジェクトを検討している方のためのロフトワークツアー - vol.2

Visit loftwork - プロジェクトを検討している方のためのロフトワークツアー - vol.2

受付終了

開催日
2017年12月19日 (火)
場所
loftwork COOOP10
参加費
無料
  • 19
    12月
  • 無料
  • 東京

受付は終了しました

    Visit loftwork  - プロジェクトを検討している方のためのロフトワークツアー - vol.2

    新規事業支援、UXデザイン、共創のデザイン。
    3つの切り口からロフトワークのプロジェクトのつくり方・進め方を紹介

    「ロフトワークと一緒にプロジェクトを始めてみたいけど、もう少し具体的なプロセスを知りたい」
    「FabCafeやMTRLというのがあるらしいけど、僕たちの新規事業プロジェクトで何か活用できるの?」
    「実際のプロジェクトに携わったメンバーからプロジェクトの話や生の経験談をまとめて聞いてみたい」

    Visit loftworkは、そんな方々に向けてロフトワークをより深く知っていただける、ビジネス向けオープンオフィスです。
    前回好評を博したため、第2回を開催いたします。

    冒頭にはシニアディレクターの重松から、ロフトワークのプロジェクトデザインで大切にしていることをご紹介。
    その後、以下3つの切り口からロフトワークが実際に手掛けたプロジェクトを紹介。

    [3つの切り口から実際のプロジェクトの概要やアプローチ、成果など紹介]
    1.新規事業支援:社内外を横断して新規事業創出するための、プラットフォーム構築
    2.UXデザイン:UX戦略設計からはじめる、Web構築
    3.共創のデザイン:基礎技術を新デザイン領域として産業活用へつなげる、共創基盤の構築とブランディング

    どんなアプローチでプロジェクトを組み立て、進行していくのか。それぞれの担当ディレクターから解説します。


    なぜ、私たちは「場づくり」にこだわるのか?
    プロジェクトを加速する場と空間を案内する、ロフトワークツアーも実施

    当日は、ロフトワークメンバーが各エリアの特徴やプロジェクトでの効果的な場の活用方法をご紹介します。

    [巡回予定エリア]
    ・ワークショップやミートアップを通じて社内外のあらゆる人が交わる空間「COOOP10」
    ・スピードとイノベーションを生むプロジェクトを遂行する空間「COOOP3」
    ・アイデアのプロトタイプができる、素材をテーマにしたクリエイティブラウンジ「MTRL」
    ・デジタルものづくりカフェ/コミュニティ「FabCafe」

    (左から)プロジェクトスペース COOOP3、クリエイティブラウンジCOOOP10、デジタルモノづくりカフェ/コミュニティFabCafe


    言葉では伝えにくいこともあるー。
    日常の創造活動に焦点をあてた、初の企画展も同時開催

    ロフトワークは、12月15日から22日まで、ロフトワーク初となる企画展「ロフトワーク展 01 - Where Does Creativity Come from?」(会場:loftworkCOOOP10)を開催します。

    今回の展示を通じて、私たちが普段語りきれない「創造性の種」の数々を少しでも皆さんと共有できれば幸いです。ぜひ、イベント終了後のネットワーキングのタイミングで、こちらもお楽しみください。

    登壇者

    yu_shigematsu
    重松 佑
    Mao Tada
    多田 麻央
    keiko_sanemoto
    実本 慶子
    Ryosuke Hara
    原 亮介
    Tetsuya Kashiwagi
    柏木 鉄也

    開催概要

    セミナータイトル Visit loftwork - プロジェクトを検討している方のためのロフトワークツアー - vol.2
    開催日時 2017.12.19 15:00 - 18:00(受付開始 14:45)
    場所 loftwork COOOP10
    [東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア 10F]
    対象 ・ロフトワークが支援するプロジェクトをもっと知りたい方
    ・ロフトワーク内のプロジェクトスペース見学したい方
    ・ロフトワークに案件の相談をしたい方
    ・同時開催中であるロフトワーク企画展の解説を直接ディレクターから聞きたい方
    参加費 無料
    定員 30名
    主催 ロフトワーク
    ご注意 ・申込者多数の場合は、抽選となりますので予めご容赦ください
    ・広告代理店や制作会社など受託業務に携わる方のお申し込みはご遠慮ください
     参加をお断りする場合がありますので、ご了承ください
    ・参加者の皆さんのお写真や発表内容は、後日弊社サイトに掲載いたします
    ・プログラムは、予告なく変更される場合があります

    お申し込みは終了しました。

    プログラム

    • 15:00
      |
      15:20

      Opening 「ロフトワークのプロジェクトデザイン」

      yu_shigematsu
      • 株式会社ロフトワーク
      • クリエイティブDiv. シニアディレクター
      • 重松 佑
    • 15:20
      |
      16:20

      Case Study「ディレクターによる、実際のプロジェクト紹介」

      以下3つの切り口からロフトワークが実際に手掛けたプロジェクトを紹介。
      ・新規事業支援:社内外を横断して新規事業創出するための、プラットフォーム構築
      ・UXデザイン:UX戦略設計からはじめる、Web構築
      ・共創のデザイン:基礎技術を新デザイン領域として産業活用へつなげる、共創基盤の構築とブランディング
      どんなアプローチでプロジェクトを組み立て、進行していくのか。担当ディレクター自身が解説します。

      Mao Tada
      • 株式会社ロフトワーク
      • クリエイティブディレクター
      • 多田 麻央
      keiko_sanemoto
      • 株式会社ロフトワーク
      • クリエイティブ・ディレクター
      • 実本 慶子
      Ryosuke Hara
      • 株式会社ロフトワーク
      • グロースハッカー
      • 原 亮介
    • 16:20
      |
      16:35

      「プロジェクトプロデュースと場の活用」

      クライアントの課題によって、プロジェクトは全てオーダーメイド。私たちが普段より大事にしているプロジェクトのプロデュース方法や、場の活用をご紹介します。

      Tetsuya Kashiwagi
      • 株式会社ロフトワーク
      • シニアプロデューサー
      • 柏木 鉄也
    • 16:35
      |
      17:10

      ロフトワークツアー

      ロフトワークメンバーが一緒にFabCafe(デジタルものづくりカフェ)/ MTRL(コワーキングスペース)/COOOP3(プロジェクトスペース)を廻り、各エリアの特徴やプロジェクトでの効果的な場の活用方法をご紹介します。

    • 17:10
      |
      18:00

      Networking/企画展「ロフトワーク展 01 - Where Does Creativity Come from?」自由観覧

      ネットワーキングのお時間として、簡単な軽食とドリンクをご用意しています。
      同時開催中の展示企画を自由観覧できるお時間を設けています。
      展示会場には企画に関わったディレクターも参加予定ですので、お気軽にお声がけください。

    お申し込みは終了しました。

    登壇者

    yu_shigematsu

    株式会社ロフトワーク
    クリエイティブDiv. シニアディレクター
    重松 佑

    日本大学芸術学部映画学科卒業後、映像業界を経てディレクターとしてWeb業界へ。企画提案、コーポレートサイト制作、スマートフォン制作、アプリ制作など幅広く制作に携わる。2012年ロフトワークに入社。企画・取材の提案から、ワークショップの設計などを得意とする提案型のディレクター。ミュージックビデオなどの映像作家としても(ときどき)活動中。

    Mao Tada

    株式会社ロフトワーク
    クリエイティブディレクター
    多田 麻央

    音楽大学在学中、外部と繋がりの少ない音大生の現状を打破するために、音大生と社会がつながるきっかけ作りを目的としたフリーペーパーを創刊。これを気に、「作り手が生み出す価値が正しく伝わる世の中にしたい」という思いが強まり大学を中退。「Wantedly」でのインターンを経て、2014年にロフトワークに新卒入社。世の中を変えるサービスをデザインできるクリエイティブディレクターを目指して奮闘中。趣味はプログラミング。

    keiko_sanemoto

    株式会社ロフトワーク
    クリエイティブ・ディレクター
    実本 慶子

    京都大学卒業後、SIerにて業務システムの受託開発に従事。その後、Web制作会 社等でディレクターとして顧客サイトおよび自社サイトの制作・運用を担当。 2011年にロフトワーク入社後は、主に中小規模サイトのCMS導入を中心にディレクションを担当。

    Ryosuke Hara

    株式会社ロフトワーク
    グロースハッカー
    原 亮介

    関西のファッション/カルチャーマガジン編集長、ロボットテクノロジー関連ベンチャー、戦略PRコンサル会社を経て、2014年6月よりロフトワーク所属。クライアント企業のオウンドメディア、サービスのグロース戦略・戦術の企画を主に担当。編集が好き、声が素敵と言われる。ヒトの心を動かすコミュニケーションをテーマに、その本質的なメカニズムと最先端の手法を研究中。ハフィントンポストでブログも執筆。

    Tetsuya Kashiwagi

    株式会社ロフトワーク
    シニアプロデューサー
    柏木 鉄也

    大学卒業後、ブライダルジュエリー販売会社に入社。マネージャーとして販売・法人営業・店舗マネジメントを行い、赴任した3店舗の売上記録を更新する。その後、制作会社で企画営業の経験を積み、2008年6月よりロフトワーク入社。プロデューサーとして大学サイトから、大手ショッピングモールのサイトリニューアルやソーシャルゲーム開発など幅広いジャンルのプロジェクトに携わる。

    お申し込みは終了しました。