Main menu

  • アイデアを生む空間
  • アイデアを生む空間
  • アイデアを生む空間

アイデアを生む空間

新しいアイデア、生まれていますか?
ロフトワークでは「アイデアを生む空間」の相談が増えています

国内の大手メーカーが軒並み苦戦を強いられる昨今。海外を中心に、少人数のものづくりベンチャー企業が斬新なアイデアでイノベーティブな製品を生み出しています。彼らに共通しているのは、柔軟な組織体制と、外部の多様な人々と交流し、巻き込む力。

貴社ではどうでしょうか?面白いことを思いつく人材は沢山いても、組織が大きすぎて、形にするまでに時間が掛かかったり、言葉にする場所や実現させる方法がわからないということはないでしょうか。

大手企業の担当者が抱える悩み

check 縦割り組織で柔軟なものづくりができない
check 社内で新しい取り組みがなかなかはじめられない
check リスクが高いと、新しい価値創出に時間が割けない
check 空間作りはしたいが、何からはじめたら……


今、イノベーション創出は日本のみならず、世界中の企業の課題です。ロフトワークは、これら課題を「空間」から解決し、アイデアを生むための3つのアプローチを提供します。

イノベーションは環境から。新しいアイデアが生まれる空間をデザイン

アイデアを生む空間とは、

・偶然の出会いを生み出せる(Serendipity)
・異なる価値・視点の人々が共存する(Diversity)
・目的に応じて空間を自由に変えられる(Flexible)
・プロジェクトのサイクルを早くする(Prototyping)
・情報を開示しあえる(Open)


であると私たちは考えています。これらキーワードをヒントに、人と人とが接触しやすい導線が整備された空間、使い方を限定しない空間、アイデアのアウトプットに瞬間的に対応する空間などをデザインしていきます。

異なる立場・組織の人がワークプレイスを共有するCo-working Spaceや、エンジニアを中心にプロトタイピングを行うためのHacker Space、交流及びコラボレーションを促すことが目的のInnovation Spaceなど、現在、世界各地では様々な活動体・空間が生まれています。ロフトワークは、自社での実践はもちろん、MITメディアラボとの連携やFabCafeのグローバル運営、インキュベーションオフィス設立プロジェクトなどの実践を通して、イノベーションが起きる場所の特性を理解しています。

3Dプリンター、レーザーカッターなどデジタルツールの導入を支援します

イノベーションのきっかけは、製造業と次世代ITの融合。デジタル工作機器が家庭用マシンやインターネットとつながり、個人や中小企業でも使えるようになったことで、新しい価値創造の機会が生まれています。代表的なツールである、3Dプリンターや、レーザーカッターなどのデジタルファブリケーションマシンの価値は、「スピード」。“Waterfall”型だった従来の開発フローを見直すことで、無駄なく小さく作り、試用と改善を繰り返し、成功させていく手法に移行できます。ロフトワークは自社で展開しているFabCafe(デジタルものづくりカフェ)など、多様なデジタルファブリケーションツールの取り扱い実績があります。アイデアを生む空間の目玉となりうるデジタル工作機器の導入を専門家とともにサポートします。

イベント・コミュニケーションの設計もお任せください

ロフトワークでは、空間を作るだけに留まらず、場を活性させるためのリアルなコミュニティ形成や、コミュニケーションのデザインも提供します。ハッカソンやアンカンファレンスなど、多様な人を集め、コラボレーションのきっかけを提供し、コミュニケーションを加速させることで、成熟した空間へと成長させていきます。OpenCU(学び合いコミュニティ)、クリエイターとのコラボレーションイベント、ビジネスセミナーなど、毎月・毎週・毎日という単位で、プログラムを立体的に設計しているロフトワークだからこそできる、コミュニケーションデザインを提供します。

アイデアを生む空間とは?

内側から企業を変える志を持つ人達が集まる場。

新しい「ものづくり」に興味を持つ才能、さまざまなプロジェクトの知識や経験、新しい事にチャレンジする気持ちを集約し、共有し、企業のイノベーションを加速させる場です。

そこでは、常に新しい学びや発見が得られます。失敗と成功を一緒に経験する仲間も見つかります。たとえば、終業後にスタッフが集まり企業内プロジェクトをスタートさせたり、ファシリテーターが議論を加速させたり、アイデアをそのままプロトタイプ化できたり……。

そんなアイデアを生み、次のビジネスを創出する空間作りをロフトワークは支援していきます。

実際に来てみませんか?

ロフトワークはFabCafeや、loftwork Labなど新しいアイデアを生み出す空間で定期的にイベントを開催しています。オープンな場ですので、是非一度遊びにいらしてください。

学びをシェアするOpenCU 毎月定期的にイベントを開催
OpenCUの最新のイベント情報はこちらから

デジタルものづくりカフェ「FabCafe」では、モノづくりに関するイベントを定期開催。カフェとしても毎日営業中。
FabCafeの情報はこちらから

ビジネスセミナーから、体験型のイベントまで定期的に開催中。
ロフトワークの最新イベント情報はこちらから

お客様の声

松井 健氏

人が空間に入って真っ先に受けるのはサービスです。ロフトワークがこの点に着目し、建物や設備ではなく、サービスから発想をスタートさせたのは、これからの新しい空間設計のあり方を真っ先に取り込んでいる気がします。これまでのように、空間のデザインが先に決まり、決まった通りに設計者がカタチにし、後からサービスを付加するというのではなく、上流にサービスが位置し、そこからモノが作られていく。そういう考え方を体験させてもらったプロジェクトでした。

三井不動産株式会社
ベンチャー共創事業室長松井 健氏