Main menu

  • 2015.08.28
  • 株式会社ロフトワーク

コロカルにて「ロフトワーク ローカルビジネス・スタディ」連載スタート!

マガジンハウスが発行する日本の“地域”をテーマにしたWebマガジンコロカルで「ロフトワークのローカルビジネス・スタディ」シリーズがスタートしました。
ロフトワークは、京都や飛騨にリノベーションしたオフィスを(これから)構え石垣島のデザインプロジェクト、日本の良さを海外に発信するMORE THANプロジェクト……など、ローカルに関わるプロジェクトも数多く手がけています。

第1弾はロフトワークが運営するカフェ〈FabCafe〉について、ロフトワークの広報の石川真弓が紹介しています。
ぜひご覧ください。

石川 真弓 プロフィール

パブリックリレーションズ

ロフトワークの広報兼プランナー。
主にFabCafeの広報を担当、メディアリレーションの他ロフトワークのコミュニケーション戦略プランニングと実施、コラボレーション企画などを行う。
またクライアントプロジェクトにおいてもコミュニティデザイン、オウンドメディアからイベント企画、ソーシャルメディア活用やプロモーションなどの企画立案と実施も担当するハイブリッド型PRです。

株式会社ロフトワークについて

ロフトワークは、オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・エージェンシーです。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、2.5万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。(会社概要

お問い合わせ

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

コメント

blog comments powered by Disqus