Main menu

  • 2016.08.31
  • 株式会社ロフトワーク

ディレクターの入谷がMarkeZine Day 2016 Autumnに登壇

2016年9月8日(木)〜9日(金)に開催されるMarkeZine Day 2016 Autumn(株式会社翔泳社 MarkeZine編集部主催)に、ロフトワークのディレクター入谷がモデレーターとして登壇します。
「なぜ、このサービスを提供するのですか?どのようなユーザー体験を狙っているのですか?人気アプリのプロダクトマネージャーが語る「UXに基づいた施策」というパネルセッションでは、「プロダクトサイドから見たUXと施策」にフォーカスし、メルカリおよびマネーフォワードのプロダクトマネジメントを担当する伊豫氏、細谷氏が登壇。取り組んできた施策と成果を語り合います。

入谷 聡 プロフィール

クリエイティブディレクター / ファシリテーションエヴァンジェリスト / PMI認定PMP

東京大学卒業後、Web解析専門のベンチャー企業に入社し、マーケティング部門にて自社サイトのWebマスターを担当。自ら制作実務を行う他、発注側として制作会社との折衝、Web解析、KPI設計、営業支援等を幅広く経験。その後、NPO職員を経て、2012年にロフトワーク入社。クリエイティブディレクター兼「プロジェクトデザイン」推進担当。

株式会社ロフトワークについて

ロフトワークは、オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・エージェンシーです。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、2.5万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。(会社概要

お問い合わせ

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

コメント

blog comments powered by Disqus