Main menu

Topics トピックス

林千晶が日経ウーマンオブザイヤーを受賞

  • 2016.12.02
  • 株式会社ロフトワーク

林千晶が『日経WOMAN』 ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017を受賞

女性のキャリアとライフスタイルを支援する女性誌『日経WOMAN』より、今年目覚ましい活躍をした女性を表彰する「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2017」が12月2日に発表され、林千晶が「ものづくりデザイン賞」を受賞しました。
「デザイン力をいかしたものづくり、ビジネスを創出した着眼点」「飛騨の林業活性化と事業の幅を広げる行動力」が評価され、受賞にいたりました。
2016年12月7日発売の『日経WOMAN』1月号では、受賞者紹介と審査結果の詳細を掲載される予定です。

林 千晶 プロフィール

ロフトワークの共同創業者、代表取締役
1971年生、アラブ首長国育ち。早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Webデザイン、ビジネスデザイン、コミュニティデザイン、空間デザインなど、手がけるプロジェクトは年間530件を超える。 書籍『シェアをデザインする』『Webプロジェクトマネジメント標準』『グローバル・プロジェクトマネジメント』などを執筆。 2万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。 MITメディアラボ 所長補佐(2012年〜)、グッドデザイン審査委員(2013年〜)、経済産業省 産業構造審議会製造産業分科会委員(2014年〜)も務める。森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す官民共同事業体「株式会社飛騨の森でクマは踊る(通称ヒダクマ)」を岐阜県飛騨市に設立、代表取締役社長に就任(2015年4月〜)。

プロフィール詳細

株式会社ロフトワークについて

ロフトワークは、オープンコラボレーションを通じてWeb、コンテンツ、コミュニケーション、空間などをデザインするクリエイティブ・エージェンシーです。
グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材と向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL(マテリアル)」、2.5万人のクリエイターが登録するオンラインコミュニティ「ロフトワークドットコム」、クリエイティブな学びを加速するプラットフォーム「OpenCU」を運営。世界中のクリエイターコミュニティと共創することで、幅広いクリエイティブサービスを提供します。(会社概要

お問い合わせ

株式会社ロフトワーク 広報:pr@loftwork.com

コメント

blog comments powered by Disqus