Main menu

ロフトワーク広報ブログ

ロフトワーク広報ブログ

Minori_Saito

リクルート
齋藤 稔莉

Mitsuru Kikuchi

クリエイティブディレクター
菊地 充

ロフトワーク社員研修合宿 "loftwork Camp 2012 in小豆島"

Before CAMP

BISHAMON班 菊地

みなさんこんにちは!

7月19日(木)〜21日(土)の2泊3日に渡って行われた社員研修合宿“loftwork Camp 2012 in 小豆島”のレポートを前編と後編の2回に渡ってお届けします。(今回のレポートは、合宿に向けて全社員を7班に分け、班対抗戦で行ったプレゼン大会で残念ながら予選敗退だった4チームの総力を結集してお送り致します)

まずは“事前準備編”は、チームBISHAMONの菊地がレポートを担当します。

その時は突然やってきた!

合宿まで1ヶ月を切った6/25(月)朝、全体MTGの場で今年のテーマが発表されました。どーん!!“小豆島町長に「島のビジョン」をプレゼンテーション!”

小豆島町長に「島のビジョン」をプレゼンテーション!

小豆島が抱える「所得低下」「島興し」「雇用創出・定住促進」という課題に対して、LWとしてどんなアプローチができるのか?を考え、プレゼンテーションします。テーマと同時に発表された7つのチームは、所属のディビジョンを越えて編成されました。それぞれ得意とする分野もバラバラです。

今回の取り組みのねらいとして掲げられたのが“Speed” “Leadership” “Aufheben”という3つのキーワード。“Aufheben”とは「異なる視点や意見を闘わせ、より高次な段階へと昇華させる」という意味で、要はチームとして化学反応を起こせるか?を試されているのです。

 こうして「島のビジョン」という壮大なテーマの元、約1ヶ月先の本番に向けて幕が開いたのでした。

各チームが緊急MTG!

テーマの発表を受けて、各チームが一斉に始動!完成したばかりのloftwork Lab.は、瞬く間に各チームの溜まり場になっていました。

烏丸組はFacetimeにて参加!京都から物申す!!

最適なチームビルティングを意識しながら、各々が全く違うアプローチで、議論を進めていきます。まずは役割分担を決めるチーム、キーワードを出し合うチーム、島の住民にメールを出して質問するチーム等…

「小豆島のいいところってなに?」「自然?」「いや醤油だろ!」時に真剣に、時にわきあいあいと活発な意見交換ができるのもアイデア出しが好きなロフトワークの特徴です。

ヒートアップ!

合宿まで1週間を切ったあたりから、各班活動がさらにヒートアップ。鬼の形相で発表内容を詰めていきます。あくまで通常業務が最優先なので、限られた時間の中でどこまで有効なチームビルディングをし、完成度を上げられるかが勝負だったと思います。

またチーム対抗戦なので、隣の進行具合が気になるのが人の子というもの。「○○チームとテーマがかぶった!」「あのチームはもう資料できたらしい!」「あのチームはFabでプロトタイプ作ってた!」などなど、憶測が憶測を呼びます。

食べ物を袖の下として使って他のチームのメンバーを釣り、自分たちのチームにアイディアを出させようという頭脳派も現れたとか。

その頃合宿委員は…

慣れないツアーの手配や現地でのワークショップ設計にてんてこまい!!現地の方からの情報収集や、研修内容の設計を急ピッチで行いました。

決めることや、準備するものがたくさんありましたが、そこはロフトワーク。プロジェクトマネジメントや、数々のイベント開催で培ってきたノウハウを存分に発揮します!WBSを作成し、各アクティビティごとにさらにブレークダウン。抜け漏れの少ない行程表が無事完成!

合宿のしおりデザインはプロジェクトスタッフ谷口沙季さんの力作!

Day 1:いざ、小豆島へ

合宿当日。各班飛行機の時間を来にしながら、出発ギリギリまで翌日に迫ったプレゼンの準備を進めていました。そう、今年の合宿はロフトワーク史上初の飛行機+フェリーによる移動です。時間に遅れる訳にはいきません。

いざ、小豆島へ

Day 2:島内ツアー 醤の郷でロフトワーカーが触れた、「温故知新」

DAIKOKU班 吉澤

小豆島2日目、小豆島を知る島内ツアーのレポートはチームDAIKOKUより吉澤が担当します。4グループに分かれ、さまざまな体験をしましたが、なんといっても印象的だったのは、そこかしこから漂う醤油の香りでした。

醤油蔵の奥に息づく、酵母菌と「SHARE」の思想

小豆島は、醤の郷(ひしおのさと)と言われるほど、木桶での醤油造りが盛んな土地。日本全国に3000~4000本ある木桶のうち約1000本は小豆島の醤油蔵で使われているのだそうです。

醤油蔵の中には、背丈をゆうに超える大きな木桶がずらり。木桶と蔵には無数の乳酸菌や酵母菌が棲みついており、彼らが1年以上かけて発酵を促すことで木桶仕込みの醤油が出来上がります。蔵によって棲む菌の種類も異なるため、甘い香りの蔵から発酵臭が強くクセのある蔵までさまざま。さらに、同じ蔵の醤油でも原料の質やもろみの具合、火入れの加減によって味が大きく変わるというから驚きです。それぞれの菌の作用をコントロールすることは事実上不可能で、醤油の出来はその時々の菌たちの仕事に委ねられているとのこと。菌も立派な醤油造りのメンバーなのですね。

木桶まで熟成しきっている様子に興味津々です

それぞれの醤油蔵に棲む菌がお互いに相乗効果を生む、まさに醤の郷。蔵が一つなくなれば、一帯の菌のパワーバランスも変わってしまいます。そのせいもあって、蔵同士は互いに仲が良く、製法をはじめとした情報交換も昔から積極的に行っているそうです。こんなところで「SHARE」の精神に出会うとは!

小豆島の醤油を「継ぐ」ためには

芯まで醤の染み込んだ年季物の木桶が立ち並ぶ中、新しい蔵の隅で輝きを放っていたのはヤマロク醤油の五代目、山本さんが購入した新品の木桶でした。小豆島の醤油造りを支える木桶の製造技術を持っている業者は、今や日本中でたった1社のみ。木桶職人の高齢化も進んでいます。「このままでは新しく桶を作れる職人がいなくなる、小豆島の醤油の味が保てなくなる」。それならば、と山本さんは一念発起で買えるだけの木桶を購入。さらに島の大工2人を引き連れ、大阪の業者に通い木桶の製造を学び始めました。今は、桶を束ねる「たが」編みの練習をしているそうです。

今、親世代の醤油職人は子どもに稼業を継がせたがらないといいます。醤油の売り上げは年々減少し、廃業する蔵も出てきているそうです。しかしその一方で、若い世代は小豆島の醤油を守ろうと試行錯誤を重ねています。「木桶仕込みの醤油という日本の伝統食品を絶やしたくない」「息子や孫の代にも蔵を継いで…」とごく自然に語る山本さんの姿に、とても胸を打たれました。

ヤマロク醤油・山本さん

古いだけじゃない、新しいだけじゃない。今の小豆島

島内を案内してくださった黒島さんはいつも笑顔で元気いっぱい。ありがとうございました!

このツアーで私たちは、地元・小豆島の魅力に惹かれて戻って来た若い人たちにたくさんお会いしました。面白いのは個々に異なる職や能力を身につけて戻って来ていること。自立しながらも地域のために連携する。個々のスキルや経験を活かし、新しいアイデアで島を動かす姿勢は、どこか私たちのワークスタイルにも通じるものがあるようで励みになりました。

さてこの島内ツアーで得たこと、感じたことをエッセンスに、いよいよプレゼン大会本番がやってきます…!

>>後編 小豆島地域活性プランプレゼン大会&ロフトワーク会社案内多人数ブレスト

執筆者

Minori_Saito

リクルート齋藤 稔莉

多摩大学経営情報学部卒業後、Web制作会社にて人事部立上げにリーダーとして参加。その後、セキュリティソフト開発会社にて広報を担当し、自社製品紹介の映像制作に関わる。2011年にロフトワーク入社後は、主にソーシャルゲームコンテンツ企画・制作、WEBコンテンツ制作ディレクションを担当。父の撮影スタジオで幼い頃から身につけた構図構成力と、人事で培ったコミュニケーション能力を活かし、積極的に企画提案に挑むディレクターとして邁進中。

最近執筆した記事

  • Mitsuru Kikuchi

コメント

blog comments powered by Disqus