Main menu

制作会社、デザイン会社の方へ

え?他の制作会社はロフトワークの競合じゃないの?と思われるかもしれません。
でも意外かもしれませんが、ロフトワークは他の制作会社やデザイン会社と頻繁に協業を行なっているのです。

数千ページのページ移行、キャラクター開発、大量のコンテンツ制作…ロフトワークの強みは日本最大のクリエイターネットワークが生み出す「制作力」。弱い部分をロフトワークが補い「強み」にフォーカスすることで、より大きく面白いビジネスを手がける。
ロフトワークをそんなビジネスパートナーとして活用してみて下さい。

16,000名のクリエイターネットワークが、貴社のウィークポイントを強力にサポートいたします

制作会社にも当然、得手不得手があります

・これまでは印刷物を中心に制作してきたが、顧客からWebも一緒に制作して欲しいと要望され、対応に苦慮している。
・社内のデザイナーだけで対応しているため、大量のページを作る必要が出来たり、システム開発が絡んだりすると対応出来ない。
・オーダーが一時期に集中して社内のリソースだけでは対応出来ない。
など、制作会社によって様々な背景や事情があります。

ロフトワークは、プロジェクト管理を行うディレクターだけが所属し、実制作は16,000名の登録クリエイターやエンジニアが行います。
この体制により、あらゆるタイミングで、あらゆるニーズにお応えすることが出来るのです。

貴社がプロジェクトリーダーとなり、弊社が実行部隊となる形態も可能です

Webサイトであれば、お客さまの要望を受けて要件を整理し、決められた予算内でどこまでを実現するか?を相談していく必要があります。

貴社が窓口となり、お客さまとの要件整理を行っていただくことも可能ですし、ロフトワークのディレクターが併走しながら要件を固めていくことも可能です。

お気軽にご相談いただければ、ロフトワークがプロジェクトが決められた納期内で高いクオリティで完結するために、最適な体制をご提案差し上げます。

大規模なジョイントベンチャー型の組織をつくることも可能です

ロフトワーク自身、SNSの開発などを行なう場合は開発会社だけではなく、制作会社やデザイン会社とジョイントベンチャー型の組織をつくり、制作を行なうことがしばしばあります。

大規模なWEBプロジェクトは増える一方です。今や1社で全ての役割を担う事は不可能になってきているのではないでしょうか?
「それはうちでは大きすぎてちょっと難しいな」そんなプロジェクトはお気軽にご相談ください。

もちろんロフトワークは各社との関係性には最大の注意を払い、契約面,コミュニケーション面で既存の関係を毀損することには最大限の注意を払います。「制作会社さんがご安心してパートナーシップを築ける」ことをロフトワークは目指しています。

ロフトワークとのパートナーシップ

ロフトワークは総合制作代理店。16,000人のクリエイターコミュニティを擁しながら、あらゆるものを「制作する」ことがロフトワークのミッションです。ロフトワークは皆様とのパートナーシップを何よりも重視しています。制作受託のパートナー、販売代理店パートナー、レベニューシェアなどさまざまな方法でアライアンスができます。