Main menu

  • 多言語・グローバルサイト構築
  • 多言語・グローバルサイト構築

Service 他言語・グローバルサイト構築

・WorldWideに通じるデザインを開発
・最適なCMS選定から、開発・実装までをサポート
・大量ページの移行も対応可能

バランスのとれた高品質なデザインからエッジのきいたデザインまで対応可能です

グローバルに通用する高品質で普遍的なデザインから、新しい技術を用いたエッジのきいたデザインまで様々なデザインバリエーションに対応可能です。必要に応じて、まったくイメージの異なる案を複数提案することも可能です。

画面仕様の設計は、ロフトワークのプロジェクトマネジャーがクライアントとのコミュニケーションやワークショップをベースに行います。目的や外部環境を共有しながら、高い成長力を秘めたグローバルサイトへと仕上げていきます。

株式会社JTBグローバルマーケティング&トラベル コーポレートサイトリニューアル

CMSの特性を活かして統制と自由の両立を可能にします

グローバルサイトは、企業ブランドの確立を目指し、全社で統一されたレギュレーションのもとに構築する必要があります。一方で、各国でのローカルな事情やトレンドを踏まえた戦略的な展開が可能になるよう、オリジナリティを許容する部分も必要となります。

このように統制と自由を両立させるための環境として、ロフトワークはCMSの導入をお勧めします。運用が効率化されると同時に、各拠点での情報発信力も強化され、まさに一石二鳥。「現地で何をやっているのかわからない」といった“見えないリスク”も回避できます。

5,000ページを超える大量作業だってものともしません

グローバルサイトにおいてデザインリニューアルを行った場合、多言語化されたすべてのページでデザインを合わせる必要が生じ、作業量が膨大になります。1,000ページを超えるコーディング作業も、いざ行うとなると予想以上に大変な作業です。

ロフトワークなら、大規模なクリエイターネットワークの中から最適なチームを編成。5,000ページを超えるような作業もお手の物です。クライアント自身が諦めていたような大量作業を、短期間で完了させた実績もあります。また、スムーズな進行を実現するためのツールやプロセスが確立されているため、安心してお任せいただけます。

モデル価格

CASE1 既存のCMSサイトをスピーディーに英語・中国語に対応

CMSでリニューアルしたサイトの多言語展開。日本語のテンプレートをベースに構築することで、短期間に英語・中国語の2ヶ国語に展開。タイミングを逃すことなく、世界へのリーチを可能に。

サイト設計 画像は日本語と同一で言語のみ変更
arrow

2ヶ月
¥2,000,000

CMSテンプレート調整 日本語のテンプレートをベースに開発
英語・中国語原稿 お客様にてご用意
その他追加要件 サイト内検索
フォーム開発

[お気軽にご相談ください]多言語・グローバルサイト構築は様々なケースがございます

自社サイトの規模がわからずに、費用感が掴めない、また、サイト構築・リニューアルをどのように推進すべきか迷っている場合でも、まずはご相談ください。豊富なノウハウや実績をもとに、状況や課題にあったご提案が可能です。

ロフトワークに相談する

CASE2 既存のCMSサイトをスピーディーに英語・中国語に対応

国内の企業サイトのリニューアルにともない、英語・中国語のサイトを新規に構築。日本語サイトで導入したCMSのテンプレートを効果的に活用し、スピーディーにサイトの国際化(多言語化)に成功。

サイト設計・デザイン開発 仕様設計:1.5ヶ月、デザイン開発:1ヶ月
arrow

4ヶ月
¥6,800,000

デザインページ数 日本語サイト:25頁/英語サイト:15頁/中国語サイト:15頁
コンテンツ管理 CMSパッケージを導入
CMSテンプレート開発 日本語サイト:25点
英語・中国語サイト用テンプレート 各:15点
英語・中国語原稿 お客様にてご用意
その他要件 サイト内検索、問い合せフォーム開発、簡易マニュアル作成

[お気軽にご相談ください]多言語・グローバルサイト構築は様々なケースがございます

自社サイトの規模がわからずに、費用感が掴めない、また、サイト構築・リニューアルをどのように推進すべきか迷っている場合でも、まずはご相談ください。豊富なノウハウや実績をもとに、状況や課題にあったご提案が可能です。

ロフトワークに相談する

お客様の声

株式会社オーディオテクニカ マーケティング本部 商品企画部 プロオーディオ企画課 松本 総一郎氏

図鑑を持ち寄ったりヘッドホンを分解してみたり、見えないところでものすごく人の手がかかっているアイデアをデジタルなものに組み込んでいくことに意味がある。直接的な効果につながらなくても、最終的に形になったとき、見る人に伝わる要素になるはずです。現在当社は、海外市場に本格的に焦点を当て始めており、グローバル化に向けて販社を含めグループ全体の最適化を図ろうとしています。今回のプロジェクトはその一環でした。一緒にサイトを作っていく過程で“これでいきたい!”という思いが芽生え、プロトタイプがコンセプトに合っていて、適正かつ最適だったからこそ、製品の撮影素材を使用することを思い切って決断でき、当初は難しいと思っていた内部でのコンセンサスも容易に得ることができました。

株式会社オーディオテクニカ
マーケティング本部 商品企画部 プロオーディオ企画課松本 総一郎氏